『ブラック・ウィドウ』単独映画、監督候補者が一名追加される ― 『ボーイズ・ドント・クライ』のベテランが参戦か

マーベル・スタジオが計画していると伝えられている、ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウの単独映画に、新たな監督候補者が一名加わったようだ。米Deadline誌が伝えている。

このたび『ブラック・ウィドウ(仮題)』の監督候補者の一人だと報じられたのは、ヒラリー・スワンク主演『ボーイズ・ドント・クライ』(1999)やリメイク版『キャリー』(2013)を手がけたキンバリー・ピアース。近年はNetflixドラマ『親愛なる白人様』シーズン2(2018)などテレビドラマでも活躍しており、現在はミシェル・ウィリアムズを主演に迎えた映画『This Is Jane(原題)』の準備中だ。


マーベル・スタジオは、これまで『ブラック・ウィドウ』の制作に向けて大勢の映画監督(65人との情報もある)との面会を続けてきたとされる。なかでも就任の最有力候補とされていたのは、映画『さよなら、アドルフ』(2014)や『ベルリン・シンドローム』(2018)のケイト・ショートランドだ。そのほか『A United Kingdom(原題)』(2016)のアマリラ・アサンテ、『Novitiate(原題)』(2017)のマギー・ベッツも有力候補として名前が挙がっている。

このように候補者の顔ぶれをみていくと、比較的キャリアの浅い候補者のなかにあって、新たに加わったキンバリー・ピアースの経験・評価が群を抜いていることは明らかだろう。『ブラックパンサー』(2018)のライアン・クーグラーなど、すでに実力が評価された監督が参加するケースは近年のマーベル・シネマティック・ユニバース作品にもみられたが、もしキンバリーが就任する場合、長いキャリアを有するベテラン監督の起用は久々となる。

なお、キンバリーがマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長やスカーレット・ヨハンソンと面会を済ませたかどうかは不明。ケイト、アマリラ、マギーの三人は面会の事実が明らかになっている。

Source: Deadline

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。