イーサン・ホーク&エマ・ワトソン主演『リグレッション』9月15日公開決定!『アザーズ』監督が贈る衝撃のサスペンス

ニコール・キッドマン主演『アザーズ』(2001)のアレハンドロ・アメナーバル監督による8年ぶりの長編映画『Regression(原題)』が、このたび邦題『リグレッション』として2018年9月15日(土)より全国順次公開されることが決定した。

第63回サン・セバスチャン国際映画祭に正式出品された本作は、鬼才アメナーバル監督のもと、『マグニフィセント・セブン』(2016)や『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』(2017)など様々な作品に出演するイーサン・ホーク、そして「ハリー・ポッター」シリーズや実写版『美女と野獣』(2017)のエマ・ワトソンがコラボレーションを果たした注目のサスペンス作品だ。

リグレッション

© 2015 Mod Entertainment Mod Producciones Himenoptero Regresion Canada Inc Telefonia Studios Regression A.I.E

謎に包まれた少女暴行事件、真実は彼女の“記憶”の中


1980~90年代初頭、アメリカでは悪魔崇拝者による儀式が次々と告発され、多くの人々をパニックと疑惑の渦に巻き込む社会問題が生じた。本作『リグレッション』は、この実話に着想を得て制作されている。

1990年、アメリカ・ミネソタ。主人公のブルース・ケナー刑事(イーサン・ホーク)は、父親の虐待を告発した少女アンジェラ・グレイ(エマ・ワトソン)の事件を担当するが、父親も少女もどこか記憶が曖昧だった。しかし驚くべきことに、父親が記憶がないまま罪を認めたことから、ケナー刑事は著名な心理学者(デヴィッド・シューリス)の協力を仰ぐ。アンジェラの記憶をたどりながら事件の真実を追うケナー刑事は、この事件がただの家庭問題ではないことに気付き、町の各地で起こる事件との関連を疑いはじめた。やがて彼は、この町に秘められた巨大な闇に迫っていき……。

 

「恐怖が 謎を 深くする」というキャッチコピーの通り、謎をめぐって物語が二転三転するサスペンスとゴシックホラーの要素を兼ね備えた本作は、アメナーバル監督による傑作『アザーズ』を彷彿とさせる。監督のファンが日本公開を熱望した衝撃のサスペンス、その全貌を楽しみにしておこう。

映画『リグレッション』は2018年9月15日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

『リグレッション』公式サイト:http://regression.jp/

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。