Menu
(0)

Search

『キャプテン・アメリカ』第4作のキャップは「ロッキーみたいな存在」 ─ クリス・エヴァンス版との違い、プロデューサーが語る

ファルコン&ウィンター・ソルジャー
© 2021 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品『キャプテン・アメリカ』シリーズ第4作では、クリス・エヴァンスが演じてきたキャップに代わり、アンソニー・マッキー扮するサム・ウィルソンが主人公となる。ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021)ではキャプテン・アメリカ不在の世界の様相が描かれていたが、第4作では新生キャップの本格的な活躍が描かれることになるだろう。

そんな第4作でのキャップについて、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」でエグゼクティブ・プロデューサーを務めたネイト・ムーアが持論を述べている。キャップの遺志を受け継いだサムについて、米ポッドキャストPhaze Zeroに「思うに、彼はスティーブ・ロジャースではないですし、それは良いことです」と語るムーア。さらにムーアにとって新たに誕生するキャップは、シルベスター・スタローンが演じたあの伝説のボクサーを思わせるそうだ。

新しいキャップはロッキーのような存在です。彼(キャップ)は、どんな状況でも負け犬のような立場にある。スーパーソルジャーでも、100歳の人間でもない。彼にはアベンジャーズのような後ろ盾もない。後押ししてくれる人がいない中で、この男に起きたことを考えると、誰が公衆の面前で“僕こそが新しいキャプテン・アメリカだ”なんて宣言できるでしょうか?

次の物語を考えた時に魅力的なことといえば、彼が人間であるということ。彼はウィングとシールドを備えた人間なんです。だから彼には辛い試練が待ち受けているでしょうし、それを乗り越えていくことにもなる。その後は、いつ彼が強くなっていき、全てをものにするのかを見ていくことになるでしょう。キャプテン・アメリカたらしめるものは何か。私は、スーパー・ソルジャーであるからといってそうなるとは限らないと思います。そしてそのことを、マッキーが演じるサム・ウィルソンで証明していくことになると思います。」

上述の通り、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」では『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)後を舞台に、世界の混乱が描かれた。その一方で、スティーブ・ロジャースからサム・ウィルソンへのキャプテン・アメリカ継承も重要なテーマであった。そんな「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」から繋がる『キャプテン・アメリカ4』もテーマ性は一貫されているはずだ。

そのためか、『キャプテン・アメリカ』第4作の脚本には「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」を手がけたマルコム・スペルマンが就任している。同シリーズの製作に携わったムーアが第4作に参加しているかは現時点で定かでないが、もしそうであれば、上で語られたことは単なる持論にとどまらず、物語の中に反映されていくことになるだろう。

Source: Phaze Zero

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly