Menu
(0)

Search

ニコラス・ケイジ、MCUでゴーストライダーを再演する可能性は? ─ 「ネットで山火事になる話題」

Nicolas Cage ニコラス・ケイジ
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Nicolas_Cage_66%C3%A8me_Festival_de_Venise_(Mostra)_8.jpg

かつてゴーストライダーを演じたニコラス・ケイジが、「MCUでゴーストライダーを再演する可能性」について答えた。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』ではマルチバースを通して、過去フランチャイズのヴィラン一味をはじめ、別のユニバースからサプライズで複数のキャラクターも登場。新たな可能性の扉も開いた。理論的には、旧20世紀FOX製作による『X-MEN』や『ファンタスティック・フォー』、『デッドプール』のキャラクターとのコラボレーションも大いにあり得る。

となれば、マーベル・コミックスの人気キャラクターを描く『ゴーストライダー』(2007)『ゴーストライダー2』(2009)に主演したニコラス・ケイジのMCU参戦も可能な訳だ。

The Hollywood Reporterの取材に応じたケイジは、再演に関する質問を投げかけられて慎重に言葉を選びながら答えている。

「そういったトピックは注目を集めますよね。分かります。インターネットで山火事のように燃え盛るタイプのトピックですから。常に僕はコミックスの分野を崇めていて、物語がすごくカラフルで娯楽性に溢れているし、率直に言って本当にポジティブな形で健全だと思っています。コミックスを叩きたい人たちの怒りが理解できません。人々に幸せをもたらしているという点で、間違いなく大きな価値があると思います。」

コミックスの哲学に迫るようなコメントで回答したケイジだが、さりげなく質問をかわしたような気がしなくもない……。

なお、『ゴーストライダー』に関しては、「ウォーキング・デッド」(2010-)のダリル役で知られるノーマン・リーダスが主役にピッタリだと話題に上がり、2021年12月には、リーダスがマーベル・スタジオにゴーストライダー役で起用されたという真偽不明の情報が浮上。そのニュースに本人が、Twitterで“匂わせ”的に反応していた。ケイジにしろリーダスにしろ、MCUにゴーストライダーが参戦したら、マーベル・ユニバースがさらにパワーアップすることは間違いないだろう。

あわせて読みたい

Source:The Hollywood Reporter

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly