米ディズニーランドのマーベル映画アトラクション、「マーベル」の名前使えず?ユニバーサルが権利保有のため

米国のディズニーランドで計画が次々進められている、マーベル・シネマティック・ユニバース作品のアトラクション化計画にひとつの問題が生じている。なんと、「マーベル」という名前をアトラクションやプロモーションに一切使用できない可能性が非常に高いというのだ。

2018年3月、ディズニーは、米国カリフォルニア州のディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー、フランスのディズニーランド・パリ、中国の香港ディズニーランドディズニー・パークスにマーベル映画をテーマとした新エリアの建設を発表。なかでもカリフォルニアでは、2017年5月から『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のアトラクション「ミッション:ブレイクアウト!」の稼働が始まっていた。
なお、この発表には名前を連ねていないものの、米国フロリダ州のウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートでは、2021年に『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のジェットコースターが完成する予定だ。


しかし、パリや香港は別として、米国内のディズニーランドでは「マーベル」という名前を使用できない可能性があるという。その背景には、あのユニバーサル社を巻き込んでの、名前をめぐる権利問題があった。米The Los Angeles Times誌が詳細に伝えている。

フロリダにアベンジャーズのアトラクションを作れない理由

2020年、ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーには、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのみならず、アイアンマン、ハルク、スパイダーマンという人気ヒーローが結集するマーベル映画のエリアが登場する。しかし、これを「マーベル・ランド」や「マーベル・エリア」と呼べないのは一体どうしてなのか?

その唯一にして最大の理由が、2009年にディズニーがマーベル・エンターテインメントを買収する15年前、1994年に交わされた「とある契約」だ。現在のNBCユニバーサル社の前身にあたるMCA社は、マーベルとの間でライセンス契約を結び、その結果として、ミシシッピ川の東側にあるテーマパークでは一部のヒーローを使用することができず、米国全体のテーマパークで「マーベル」という名前を使うことができなくなったのである。

さらに具体的に紐解いていくことにしよう。

1994年、ユニバーサル・スタジオのテーマパークを経営するMCA社は、マーベルのキャラクターを自社のテーマパークで使用する権利を取得。この契約では、MCA社がミシシッピ川の東西にマーベルのアトラクションを建設する場合、同社は全米でのマーベル・キャラクターの権利を管理できるというものだった。
しかし結果として、MCA社はミシシッピ川の両側ではなく、その東側、ユニバーサル・オーランド・リゾートにのみマーベルのアトラクションを建設(1999年)。これによって、ミシシッピ川の西側では他のテーマパークもマーベル・キャラクターを自由に扱えることになった。東側にある他のテーマパークでは、ユニバーサル・オーランド・リゾートに登場しないキャラクターだけを扱うことができる。2021年、“東側”のウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートにガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのアトラクションが作られるのは、彼らがユニバーサルに登場していないからだ。

しかも、さらに事態をややこしくしているのはヒーローの「チーム」である。たとえばファンタスティック・フォーやアベンジャーズのメンバーがユニバーサル・オーランド・リゾートに登場している場合、関連のキャラクターがミシシッピ川の東側にあるテーマパークに登場することはできない。ユニバーサルにスパイダーマンやハルクのアトラクションが存在する以上、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートにはスパイダーマンのヴィランすら登場できないのだ(ちなみに2012年、同リゾートをアベンジャーズのラッピングが施されたモノレールが走った際は、プロモーションの一種であるとして契約には抵触しなかった)。

そして前述の通り、ミシシッピ川の東西を問わず、米国内のテーマパークでは「マーベル」という名前をアトラクションおよびプロモーションで使用することができない。厳密には「許可しない可能性がある」という文言のため、今後も絶対にありえないとは言い切れないのだが……。いずれにせよ、かつてマーベルがMCA社と結んだ契約によって、現在はその親会社であるディズニーに制限が生じてしまうという“ねじれ”が生じているのである。

 

改めてまとめるならば、2020年、ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーにアイアンマンやハルク、スパイダーマンが登場できるのは、ミシシッピ川の西側であるがゆえに、かつてマーベルとMCA社が結んだ契約に含まれる「キャラクターの使用制限」を受けないためだ。ただし、それでも新しく建設されるマーベル映画のエリアに「マーベル」という名前を使うことはできない。

LATimes誌の取材に応じた専門家は、マーベル映画のエリアに「マーベル」という名前を使えない問題について、「一般の来客層はそこまで考えないのではないか」と述べている。確かに「マーベル・エリア」という言葉を使うよりも、「アベンジャーズ・エリア」と呼ぶ方がキャッチーだろうか?

Source: LATimes

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。