Menu
(0)

Search

『キャプテン・マーベル』撮影にフィル・コールソン役俳優が合流!ニック・フューリーとの再タッグも示唆

クラーク・グレッグ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/26107791796/

2019年公開、マーベル・シネマティック・ユニバース作品キャプテン・マーベル(原題:Captain Marvel)』の撮影に、フィル・コールソン役のクラーク・グレッグが合流したようだ。

『ルーム』(2015)のブリー・ラーソンを主演に迎えた本作は、1990年代を舞台に、まだアベンジャーズが結成されるはるか以前の出来事が描かれる。『アベンジャーズ』(2012)で命を落とし、ドラマ『エージェント・オブ・シールド』(2013-)でひっそりと復活したS.H.I.E.L.D.エージェントのフィル・コールソンは、本作で“生前”の姿として7年ぶりのスクリーン復帰を果たすのだ。

このたびクラークは、自身のInstagramにて『キャプテン・マーベル』の撮影に合流していることを報告した。

New job, old friends. #captainmarvel

Clark Greggさん(@clarkgregg)がシェアした投稿 –

「新しい仕事、古い友人たち(New job, old friends.)」という文言、そしてニック・フューリーを示す「N. FURY」のパネル。これはまぎれもなく、サミュエル・L・ジャクソン演じるニック・フューリーとフィル・コールソンの再タッグを示唆するものだろう。時系列的にはずいぶん以前の物語なので、ここは「再タッグ」ではなく「最初のタッグ」というべきなのか……?

『キャプテン・マーベル』には、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)に登場したクリー人のロナン(リー・ペイス)&コラス(ジャイモン・フンスー)が再登場する。同じく異星人であるスクラル人も登場し、地球が宇宙戦争に巻き込まれることになるそうだ。S.H.I.E.L.D.が活躍しないはずがないだろう、ニック・フューリー&フィル・コールソンの出番を楽しみにしたい。

映画『キャプテン・マーベル』は2019年3月8日に米国公開予定

Source: Clark Gregg
Eyecatch Image: Photo by Gage Skidmore

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly