『キャプテン・マーベル』撮影にフィル・コールソン役俳優が合流!ニック・フューリーとの再タッグも示唆

2019年公開、マーベル・シネマティック・ユニバース作品『キャプテン・マーベル(原題:Captain Marvel)』の撮影に、フィル・コールソン役のクラーク・グレッグが合流したようだ。

『ルーム』(2015)のブリー・ラーソンを主演に迎えた本作は、1990年代を舞台に、まだアベンジャーズが結成されるはるか以前の出来事が描かれる。『アベンジャーズ』(2012)で命を落とし、ドラマ『エージェント・オブ・シールド』(2013-)でひっそりと復活したS.H.I.E.L.D.エージェントのフィル・コールソンは、本作で“生前”の姿として7年ぶりのスクリーン復帰を果たすのだ。

このたびクラークは、自身のInstagramにて『キャプテン・マーベル』の撮影に合流していることを報告した。

New job, old friends. #captainmarvel

Clark Greggさん(@clarkgregg)がシェアした投稿 –

「新しい仕事、古い友人たち(New job, old friends.)」という文言、そしてニック・フューリーを示す「N. FURY」のパネル。これはまぎれもなく、サミュエル・L・ジャクソン演じるニック・フューリーとフィル・コールソンの再タッグを示唆するものだろう。時系列的にはずいぶん以前の物語なので、ここは「再タッグ」ではなく「最初のタッグ」というべきなのか……?

『キャプテン・マーベル』には、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)に登場したクリー人のロナン(リー・ペイス)&コラス(ジャイモン・フンスー)が再登場する。同じく異星人であるスクラル人も登場し、地球が宇宙戦争に巻き込まれることになるそうだ。S.H.I.E.L.D.が活躍しないはずがないだろう、ニック・フューリー&フィル・コールソンの出番を楽しみにしたい。

映画『キャプテン・マーベル』は2019年3月8日に米国公開予定

Source: Clark Gregg
Eyecatch Image: Photo by Gage Skidmore

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。