Menu
(0)

Search

2019年マーベル映画『キャプテン・マーベル』はアクション・コメディ!主人公キャロル・ダンバースは「ちょっと生意気で切れ者」

©THE RIVER

2019年3月全米公開予定のマーベル・シネマティック・ユニバース作品キャプテン・マーベル(原題:Captain Marvel)』は明るいアクション・コメディになるようだ。
脚本家ジェネバ・ロバートソン=ドゥウォレットが、ブリー・ラーソン演じる主人公キャロル・ダンバース/キャプテン・マーベルのキャラクターも含めて、米Entertainment Weekly誌のインタビューで明かした。

愉快で生意気で、ちゃんと賢い新ヒーロー

ドゥウォレットは、コミック「キャプテン・マーベル」のキャロル・ダンバースを「コミックにおいて最もユーモラスなキャラクターのひとり」と評する。ちょっと生意気で、しかし頭の回転がとても速く、誰からもバカにされない、そんなキャロル・ダンバース像を映画に取り入れることが重要視されていたそうだ。

また映画版『キャプテン・マーベル』には、作品全体にユーモアや陽気さといった要素が多く取り入れられているという。これらのコメディ要素はドゥウォレットが脚本に携わった『トゥームレイダー ファースト・ミッション』(3月21日公開)で構想されていたものだったが、同作はのちにシリアス路線に方向転換しているのだ。

『キャプテン・マーベル』はすごく楽しい作風の、アクション・コメディに近い作品です。『トゥームレイダー ファースト・ミッション』の脚本初稿でやろうとしていたことに近くて、そのトーンが『キャプテン・マーベル』に活かされているんですよ。私はユーモラスな女性キャラクターが好きなんです。『トゥームレイダー』がシリアスになったので、そのかわり、キャプテン・マーベルを楽しいキャラクターにすることに力を入れました。」

映画『キャプテン・マーベル』は、2019年3月8日より全米公開予定
1990年代を舞台に、アベンジャーズ結成よりはるか以前の物語が描かれる。ラーソン扮する空軍パイロットのキャロル・ダンバースは、ひょんなことから異星人のDNAを体内に取り込んだことでスーパーパワーを得るという設定だ。キャロル・ダンバースを導くドクター・ウォルター・ローソン/マー・ベル役でジュード・ロウ、ヴィラン役で『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)のベン・メンデルソーンが出演交渉に入っている。

(文:まだい)

Source: http://ew.com/movies/2018/03/01/captain-marvel-screenwriter-teases-sassy-smartass-carol-danvers/
©THE RIVER

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly