Menu
(0)

Search

オーランド・ブルーム&カーラ・デルヴィーニュ主演ドラマ「Carnival Row」配信決定 ─ 神話世界からの移民たちと凄惨な殺人事件描く

Carnival Row(原題)

『ロード・オブ・ザ・リング』『パイレーツ・オブ・カリビアン』のオーランド・ブルーム、『スーサイド・スクワッド』(2016)『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』(2017)のカーラ・デルヴィーニュが主演するファンタジードラマ「Carnival Row(原題)」が、2019年8月30日(金)よりAmazon Prime Videoにて配信開始される。

本作を手がけるのは米レジェンダリー・テレビジョン。Prime Original作品として、日本を含む200以上の国と地域にて配信される。なお、2019年内に吹替版の配信も予定されているという。


物語の舞台は、人間に故郷を侵略されたことで、神話世界の生物が移民としてあふれかえるヴィクトリア朝の世界。増え続ける移民たちは、自由に暮らすことも、愛することも、飛ぶことも禁じられ、人間との共存は困難を極めていた。社会の抑圧が厳しくなる中、オーランド演じる人間の探偵ロイクロフト・フィロストレートは、カーニバル・ロウの平和を揺るがした陰惨な連続殺人事件の捜査を始める。しかしカーラ演じる移民の妖精ヴィネット・ストーンモスは、事件についての重大な秘密を隠しており……。

原案を担当したのは、「フィリップ・K・ディックのエレクトリック・ドリームズ」(2017)の脚本家トラビス・ビーチャム。そのほか出演者には、社会秩序に逆らい、人間の富裕層の居住エリアに移り住む精霊アグリアス役に『インターステラー』(2014)のデヴィッド・ジャーシー、戦火で故郷を追われた妖精で詩人のトルマリン役にカーラ・クローム、街を支配する有力者一家の一員である女性統治者パイアティー・ブレイクスピア役に「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-2019)インディラ・ヴァルマ、名家のためアグリアスに期待を寄せる若い女性イモージェン・スパンローズ役にタムジン・マーチャントといった顔ぶれが揃った。

Carnival Row(原題)

ドラマ「Carnival Row(原題)」日本語字幕版は、2019年8月30日(金)よりAmazon Prime Videoにて配信開始。2019年内に吹替版も配信予定

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly