Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ』キャリー・フィッシャー、5回目の命日に娘とマーク・ハミルが追悼 ─ 「悲しみに、あるべき形はない」

キャリー・フィッシャー
Photo by Riccardo Ghilardi photographer https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Actress_Carrie_Fisher_%C2%A9_Riccardo_Ghilardi_photographer.jpg

スター・ウォーズ』シリーズのレイア姫役で知られるキャリー・フィッシャーの5回目の命日に、娘で女優のビリー・ロード、同シリーズで共演したマーク・ハミルが追悼メッセージをSNSに投稿している。

『スター・ウォーズ』オリジナル3部作でレイア・オーガナ役を演じたフィッシャーは、続編『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)に同役でカムバックしたが、2016年12月27日に他界。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)が遺作となり、正史シリーズの最終章となる『スカイウォーカーの夜明け』(2019)では『フォースの覚醒』の未使用映像によって登場を果たした。

フィッシャーの娘であるビリーは『フォースの覚醒』よりコニックス役でシリーズに参加し、母娘共演が実現。5度目の命日にInstagramを更新したビリーが、亡き母に向けて追悼メッセージを投稿している。

この投稿をInstagramで見る

Billie Lourd(@praisethelourd)がシェアした投稿

「いつも人に、私がどの悲しみの段階にいるのかと聞かれます。そして、その答えは決して単純ではありません。私は毎日、各瞬間で異なる悲しみの段階にいるのです。私の悲しみは複雑な多くの材料を使ったマルチコースの食事のよう。アミューズブーシュ(軽いおつまみ)に続く鬱病の側面を持つ前菜。(死を)受け入れるメインディッシュ、もちろん(死を)否定したいデザートも。それが悲しみの在り方──すべての感情が一度に訪れる。悲しみに“あるべき”形はないのです。その人にとって悲しみが何であれ、それが“あるべき”形なのです。」

ビリーは母親の死に対する悲しみを料理のコースに例え、毎日異なる入り混じった感情が訪れていると表現している。

そして、『スター・ウォーズ』でレイアの双子の兄弟、ルーク・スカイウォーカー役で共演したマーク・ハミルも、「私たちのプリンセス、キャリー・フィッシャーの美しき思い出に」と綴った画像をツイートし、キャリーを追悼している。

あわせて読みたい

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly