心臓発作が報じられたキャリー・フィッシャー、現在は落ち着いたと母が報告

日本時間の24日、クリスマスイブの朝、非常に不安なニュースが報じられた。『スター・ウォーズ』シリーズ、レイア・オーガナ役のキャリー・フィッシャーが飛行機の中で深刻な心臓発作を起こし、着陸後近くの病院に緊急搬送された、という内容だった。

第一報が飛び込んできてから数時間の間は情報が交錯しており、「峠は越え、現在は落ち着いている」というレポートのしばらく後、キャリーの弟であるトッド・フィッシャー氏によって「現在も状況は不明である」という声明が発表されていた。

それから二夜が明け、信頼できる情報が発表されていた。キャリー・フィッシャーの母であり、現在も84歳で健在のデビー・レイノルズが、娘キャリーの無事をFacebookで報告したのだ。

「わが娘、キャリー・フィッシャーは、安定した状態にあります。
何かありましたら、私たち家族が情報をお知らせ致します。彼女のすべての友人、およびファンの皆様、祈りを捧げて頂き誠にありがとうございます。」

キャリーが再び元気な姿を見せてくれるよう、引き続き祈ろう。

Eyecatch Image:https://www.facebook.com/thedebbiereynolds/photos/a.228866257252498.1073741828.227597847379339/810616899077428/?type=3&theater

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。