Menu
(0)

Search

タロン・エジャトンがアクション・スリラー映画で主演、『フライト・ゲーム』監督とタッグへ

タロン・エジャトン(エガートン)
© THE RIVER

『キングスマン』シリーズなどのタロン・エジャトンが、『ジャングル・クルーズ』(2021)『ブラックアダム』(2022)などのジャウム・コレット=セラ監督によるNetflix映画『Carry On(原題)』で主演を務めることがわかった。米Deadlineが報じている。

アクションスリラーとなる本作の主人公は、運輸保安庁の若きエージェントであるイーサン・コペック。ある日、イーサンは謎めいた旅行者に脅迫され、とある無理難題な要求を持ちかけられる。その内容というのは、空港での保安検査で危険な荷物を通過させ、クリスマスのフライトに乗せることだった。果たして、イーサンはこの危機をいかにして対処するのか?

主演を務めるタロン・エジャトンといえば、近年では、『ロケットマン』(2019)にてエルトン・ジョン役を見事に演じ切り、世界中を魅了した。現在、ポストプロダクションの最中と伝えられている次回作『Tetris(原題)』では、ゲーム『テトリス』の知的財産権を管理する会社の創設者、ヘンク・ロジャース役を演じている。さまざまなジャンルの作品で活躍する俳優が、『Carry On』ではいったいどんなパフォーマンスを披露してくれるのか、注目せずにはいられない。

一方、本作にて監督を務めるジャウム・コレット=セラもまた、多種多様な題材の作品を手掛けてきた。『蝋人形の館』(2005)『エスター』(2009)といったホラーをはじめ、『アンノウン』(2011)『フライト・ゲーム』(2014)『ラン・オールナイト』(2015)『トレイン・ミッション』(2018)ではリーアム・ニーソンとタッグを組み、アクション・スリラー作品を監督した。『ジャングル・クルーズ』『ブラックアダム』とアドベンチャーやスーパーヒーロージャンルを経て、『Carry On』にてアクション・スリラーへと帰還する。

製作を務めるのは、スティーブン・スピルバーグひきいるアンブリン。撮影時期は不明だ。

Source:Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly