Menu
(0)

Search

【インタビュー】『キャッシュトラック』がガイ・リッチー史上最もダークでヘヴィな理由 ─ ジェイソン・ステイサムとは「馬が合う」

キャッシュトラック ガイ・リッチー監督
©2021 MIRAMAX DISTRIBUTION SERVICES, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

鬼才ガイ・リッチー監督が盟友ジェイソン・ステイサムとの黄金タッグを復活させた映画キャッシュトラックが2021年10月8日より日本公開となる。

ガイ・リッチーとステイサムといえば、2人の最初期作『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』(1998)で頭角を現し、続く『スナッチ』(2000)で確たる評判を築いた関係。その後『リボルバー』(2005)を共にした2人が、本作『キャッシュトラック』まで別々の道を歩んでいたというのは、少し意外な気もする。その間、ステイサムは『エクスペンダブルズ』や『ワイルド・スピード』といった巨大シリーズの主要キャストを飾るようになり、ガイ・リッチーもディズニーから名作『アラジン』のリメイクを任されるようになるほど、互いに大物となった。

そんな2人が、16年ぶりに再び手を組んだ『キャッシュトラック』は、警備会社に入社する謎の男“H”が、類まれなる戦闘スキルで強盗相手に大立ち回りを見せるクライムアクション。ガイ・リッチー作品の中でも特に激しいアクションが繰り広げられる、大胆不敵な作品だ。

この作品のため、THE RIVERではガイ・リッチー監督に単独インタビューを敢行。本作の製作経緯や、ステイサムとの仕事についてを聞いた。

キャッシュトラック ガイ・リッチー監督
©2021 MIRAMAX DISTRIBUTION SERVICES, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

『キャッシュトラック』ガイ・リッチー監督 単独インタビュー

──本作『キャッシュトラック』は、あなたの映画の中でも最もダークでヘヴィな作品になっているのではないでしょうか。

はじめに攻撃的な映画を作ろうということに決定したので、ひたすら攻撃的にしました(笑)。物語やジャンルの性質上、ダークで攻撃的な映画になっています。ダークで攻撃的にやるなら、とことんそうしたい。それに、(ダークで攻撃的というのが)本作で最もシリアスな主題なので、そこは尖らせたいと思った。だから、ダークにせざるを得なかったんです。

──本作では、ジェイソン・ステイサムが怒れる男を演じています。彼が撮影現場で激しい感情をコントロールする姿はいかがでしたか?

監督や役者にとっては、普段からやっている当たり前のことなので、(感情のコントロールは)彼らにとってそんなに難しいことじゃないんですよ。私は役者との仕事に慣れていますが、彼らはジョークを話して笑いながらも、いざテイクが始まったら、ものの10秒で涙を流すんです。それで、カットがかかったら、またジョークを話し始める。

実は本作でも同じで、シリアスな題材を演じながらも、カットがかかった瞬間にまたジョークを話し始めるような感じでした。私たちにとっては、コメディを作っているような感覚でしたね。ジェイソンの価値観も私の価値観も、現場で楽しい時間を過ごすことが先決なんです。これまであまりシリアスな作品を作ってこなかったのは、それは二の次だったからです。

──ジェイソン・ステイサムとは『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』以来の長い付き合いですよね。彼と仕事する上で、素晴らしいと思うことは何ですか?

付き合いが長いので、お互いのことがよく分かっているということです。それから、馬が合う。価値観も似ているんです。彼も仕事は楽しくやりたいタイプで、私も仕事は楽しくやりたい。見ている方向が同じなんです。だからうまくやれています。

キャッシュトラック ガイ・リッチー監督
©2021 MIRAMAX DISTRIBUTION SERVICES, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

──“ガイ・リッチー作品”といえば、時系列を前後させながら、何が起こっているのかが少しずつ明かされていくようなスタイルが魅力的だと思います。これはどうやって組み立てているのでしょうか?

良い質問ですね。まず頭の中で考えて、それを考えたままに書き出します。そこから編集段階になって、自分のオリジナルアイデアよりもエディターが出してきた案のほうが優れていれば、それを採用します。なので、最初に自分が考えていた通りにはならないのが常です。

──ストーリー構成を考える時は、壁にふせんを貼ってあれこれ動かしたりするのですか?

最初の2作ではストーリーボードと撮影リストを作っていましたが、今はどちらも使いません。時々ボードにふせんを貼ることもありますが、私には抽象的すぎて分かりづらい。だから、ただ混ぜて、通しで観てみて、それで自分の感情がどう動くかを試すほうがいいです。

それから、2〜3回自分で観た後に、必ず観客と一緒に観直すようにしています。あくまで持論なんですが、観客がどう見ているかのエネルギーが感じられるし、鑑賞体験に注意を払うことができるからです。これをやらないと、客観視ができなくなります。

──最近では『ジョン・ウィック』のような復讐アクションが多いですが、そういった作品と『キャッシュトラック』はどういった点が違いますか?

わかりません。この質問にはきちんとお答えできないかもしれないです。本作は、私が1970年代に観た、「このジャンルはこういうものなんだ」とはっきりしたジャンルの映画に影響を受けた部分があります。この作品は、1970年代のアクション・リベンジ映画を取り入れています。そこに、タイムラインが前後する要素をミックスしました。

キャッシュトラック ガイ・リッチー監督
©2021 MIRAMAX DISTRIBUTION SERVICES, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

── 少し前に『ピーター・ラビット2/バーナバスの誘惑』(2021)のウィル・グラック監督とお話ししたのですが、彼は同作で“ガイ・リッチー映画”のような雰囲気を目指したとおっしゃっていました。可愛らしい動物映画なのに(笑)。

(笑)

──それから『ゴジラ vs コング』(2021)に出演した小栗旬という日本の俳優も、夢は「ガイ・リッチー監督の作品に出ること」だと話していました。とにかく、あなたの作品には、“ガイ・リッチー映画”と形容されるほど、確立され、尊敬され、洗練されたスタイルがあります。それで、本作で新たに挑戦したことはありましたか?

本作は、私の他の映画とは全く違う作品になっています。ここ5年くらい……、いや、それ以前から、私は新しいジャンルへの挑戦を続けてきました。『シャーロック・ホームズ』(2009)も新しいジャンルへの試みでしたし、『コードネーム U.N.C.L.E.』(2015)もスパイジャンルへの挑戦でした。こういった作品は劇場公開大作として、観やすいものでした。『アラジン』(2019)といったファミリー映画を、ファミリー向けにも手掛けました。でも本作はファミリー向けではありません。私のクライム映画はもっと難解です。

私の意図としては、できるだけ多くのジャンルに挑戦したいということです。そうして学んでいきたいですし、既存のジャンルに新たな解釈を与えられたらいいと思っています。

──本作は2004年のフランス映画『ブルー・レクイエム』のリメイクですね。手掛けることになった経緯を教えて下さい。

あまり知られていない小さな映画に挑戦しようと思って、1日で3本の映画を観たんです。誰も観たことがないような小規模なヨーロッパ映画を観て、リメイクしようと思ったんです。そのうちの1本がどんな作品だったかは覚えていませんが、2本は自分でもかなりいい仕事ができるとその時は思いました。でも本作に決めたのは、一番売り込みやすそうだったからです。

オリジナル版からアイデアの核を取り出し、それを全体のうち3分の1として、そこに3分の2の独自のアイデアを加えて装飾しました。課題となったのは、いかにしてそのアイデアを取り出し、強化し、できれば改善できるかということでした。つまり、現代の観客に向けて、現代風に再パッケージするということです。今回の場合、私はこのジャンルにまだ手を付けたことがなかった。作品の前提となるアイデアの核は他の作品に由来するものですが、ただ自分がこれまでやったことのないことをやりたかったんです。

キャッシュトラック
©2021 MIRAMAX DISTRIBUTION SERVICES, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

──ストーリーはアグレッシブで速い展開ですが、劇伴はゆっくりとしていて重く、しかも繰り返されるという対比が印象的でした。

私はシンプルな劇伴が好みなのです。なので『シャーロック・ホームズ』でもシンプルな劇伴にしました。着想元はマカロニ・ウェスタン(Spaghetti Western)です。私が一番影響を受けているのは、子供の頃に観たマカロニ・ウェスタン。こんなに少ない音数で、こんなにキャッチーでわかりやすくなるんだと、いつも驚いていました。(劇伴が)複雑になりすぎると注意が散漫になるから、劇伴のリズムはシンプルにして、心をつかむような、映画のアイデンティティ合ったものにしたい。本作は1970年代の復讐アクションや強盗モノに影響を受けたジャンル映画ということで、シンプルな劇伴にしたかったんです。このシンプルさが気に入っています。

──ありがとうございました。今後の作品では、ぜひ日本にお越しいただいて、またお話を聞かせていただけることを望んでいます。

はい、是非!


映画『キャッシュトラック』は2021年10月8日公開。

あわせて読みたい

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly