Menu
(0)

Search

ヘンリー・カヴィル、MCU参戦に意欲 ─ 英国ヒーロー「キャプテン・ブリテン」を演じたい

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ヘンリー・カヴィル インタビュー
©THE RIVER

『マン・オブ・スティール』(2013)『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)などでスーパーマンを演じてきたヘンリー・カヴィルが、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)への参戦に意欲を示している。すでに演じたいヒーローもいるようで……。

ヘンリー・カヴィルといえば、マン・オブ・スティールことスーパーマン/クラーク・ケント役でおなじみ。2017年の『ジャスティス・リーグ』を最後に(厳密には『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』)、スーパーマン役を演じていないカヴィルは、たびたび同役再演の希望を伝えてきた。このたびの米The Hollywood Reporterとの取材でも、カヴィルは「僕が演じるスーパーマンのストーリーはまだ伝えるべきことがたくさんあります。もし機会があれば、絶対にやりたいです」と意思を変えていないようだ。

その一方でカヴィルは、DCコミックスと共にアメコミ2大巨塔の地位にあるマーベル・コミック作品への参加にも興味がある模様。「もしも演じるなら、どのキャラクター?」という質問に対して、カヴィルはこう答えている。

「すでに他の人が演じているキャラクターとは言いません。皆さんそれぞれが最高のお仕事をされていますから。でも、インターネット上で、キャプテン・ブリテンについてのいろいろな噂を見かけたんです。彼なら、楽しいことがたくさんありそうですね。キャプテン・アメリカが現代風になったのと同じように、キャプテン・ブリテンもクールで現代風になるなんていうような。楽しそうですし、僕はイギリス人を演じるのが本当に好きなんです。」

カヴィルが挙げたキャプテン・ブリテンは、本名をブライアン・ブラドックとする英国ヒーロー。キャプテン・アメリカを彷彿とさせるようなネーミングだが、出自は全く異なる。キャプテン・ブリテンのMCU参戦については、2017年にマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が水面下で検討が進んでいること、多くの俳優候補がいることを明かしていた。以降の進捗は定かでないが、マーベル・スタジオには未発表のものを含め計31のMCU作品が進められていることが2021年9月に判明しており、このラインナップにキャプテン・ブリテンが待機していることも十分考えられる。

ちなみに、キャプテン・ブリテン役をめぐっては、カヴィルと『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(2018)で共演したサイモン・ペッグも狙っていた。スタイルこそ違えど、カヴィルと肩を並べる人気俳優だ。キャプテン・アメリカをクリス・エヴァンスが演じたこともあり、キャプテン・ブリテンにも同様のビジュアルが期待されていそうだが、果たしてスタジオ側はどのような路線でMCUに登場させるのか。心待ちにしておこう。

あわせて読みたい

Source: THR

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly