Menu
(0)

Search

『ジョン・ウィック』チャド・スタエルスキ監督、高速カーアクション映画に就任か ─ 「偉大なカーアクション映画のスピリットを捉えたハイ・コンセプト作」

『ジョン・ウィック』シリーズを手がけるチャド・スタエルスキが、高速カーアクション映画(タイトル不明)の監督を務める見込みであることがわかった。米Deadlineが報じている。

パラマウント・ピクチャーズにて企画が進行しているあらすじ不明の本作は、「偉大なカーアクション映画のスピリットを捉えたハイ・コンセプト作」と表現されている。カーアクションのみならず、登場人物に重きが置かれた物語になるという。

プロデューサーを務めるのは、サバイバルホラー『クワイエット・プレイス』シリーズのアンドリュー・フォームとブラッド・フラー。2人は、『トランスフォーマー』シリーズの破壊王マイケル・ベイと共に設立した映画製作会社Platinum Dunesで、同シリーズほか、『テキサス・チェーンソー』シリーズや『エルム街の悪夢』(2010)を手がけた。脚本には、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(2011)『ミュータント・タートルズ』(2014)など数々の作品でコンビを組んだアンドレ・ネメックとジョシュ・アッペルバウムが就任している。

スタントマンとしてのキャリアを持つスタエルスキ監督は、自ら率いるアクション集団87eleven Action Designと共に、迫力あるアクションシーンの数々を生み出しており、今やアクション映画界にとって欠かせない人物だ。スタエルスキとカーアクションといえば、『ジョン・ウィック:チャプター2』(2017)では車とカンフーを融合した“カー・フー”なるアクションを生み出したことも。今後は、2021年5月米公開の『ジョン・ウィック』第4作を控えている。ちなみに、2020年3月20日公開のマーゴット・ロビー主演DC映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』のアクションシーンの一部も監修している。

合わせて読みたい

Source:Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly