映画『チャイルド・プレイ』リメイク企画が進行中 ― 舞台は現代、人形が進化? 『IT/イット』プロデューサーが製作

殺人鬼の魂が乗り移った人形チャッキーが人々を襲う、人気ホラー映画シリーズ『チャイルド・プレイ』の第1作(1988)が米MGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)によってリメイクされることがわかった。米Collider誌が独占で報じたのち、米The Hollywood Reporter誌が伝えている。

リメイク版『チャイルド・プレイ』の製作を務めるのは、2017年の大ヒットホラー映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』をプロデュースしたデヴィッド・カッツェンバーグ&セス・グレアム=スミス。監督に起用されたのは、長編デビュー作のホラー映画『Polaroid(原題)』が公開待機中の新鋭ラース・クレヴバーグだ。脚本はカルト映画『カン・フューリー』の続編を執筆したタイラー・バートン・スミスが執筆しており、撮影は2018年9月より開始されるという。


Colliderが入手した情報によれば、リメイク版『チャイルド・プレイ』は現代を舞台に、子どもたちのグループが「技術的に進化した」人形と対峙するストーリーになるとのこと。子どもたちに主眼を置くという点は、『IT/イット』やドラマ『ストレンジャー・シングス』(2016-)に近いだろう。しかし「技術的に進化した」人形ということは、今度のチャッキーは思わぬハイテクぶりを見せるということなのか? ちなみに同誌は、リメイク版の人形には「チャッキー」ではない別の名前が与えられる可能性があるとも記している。

映画『チャイルド・プレイ』シリーズは、1988年に第1作が公開されたのち、2017年までに全7作が公開されている。しかし全作品の脚本を担当したドン・マンシーニ、および同シリーズのプロデューサーを務めていたデビッド・カーシュナーは、このリメイク版とは別にドラマ版の企画を進行中だ。チャッキー役のブラッド・ドゥーリフもドラマ版には声優として続投するという。

 

『チャイルド・プレイ』現行シリーズの続編については不明、その主なスタッフはドラマ版を制作中、さらに異なるスタッフによってリメイク版が始動……。
このように整理すると一目瞭然だが、現在『チャイルド・プレイ』シリーズは非常に複雑な状況にある。これは、シリーズ作品の権利を各社が分割して保有しているためだ。シリーズ第1作を製作・配給したのはMGMだが、第2作~第7作の権利は米ユニバーサル・ホーム・エンターテイメントが保有している。したがって、おそらくMGMは権利の問題をクリアして、シリーズから独立してのリメイク企画を立ち上げたとみられる。この見方が正しければ、生みの親であるドン・マンシーニがリメイク版には携わらない可能性も高そうだ。

果たして、リメイク版『チャイルド・プレイ』はどんな恐怖を観客に与えてくれるのか? スティーヴン・キングの傑作小説を見事に現代の映画として息づかせ、ホラー映画ブームを牽引するに至った『IT/イット』製作陣の手腕に期待がかかる。

Sources: THR, Collider
Eyecatch Image: Photo by Martin Thomas

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。