Menu
(0)

Search

クリス・ヘムズワース、『メン・イン・ブラック』スピンオフ映画クランクアップ! ─ エージェントH、世界各地で撮影

https://www.instagram.com/p/BpCsAo6Dxif/

『アベンジャーズ』シリーズのソー役で知られるクリス・ヘムズワースが、主演を務める『メン・イン・ブラック』シリーズのスピンオフ映画(タイトル未定)の撮影を終了したことを、自身のInstagramで明かした。

地球上のエイリアンの監視・取り締まりを任務とする組織、通称「メン・イン・ブラック(MIB)」のエージェントによる活躍を描いた『メン・イン・ブラック』シリーズは、トミー・リー・ジョーンズ&ウィル・スミス主演で1997年、2002年、2012年に公開された。

そのスピンオフ映画となる本作は、2018年7月より撮影がスタート。エージェントH役で主演を務めるクリス・ヘムズワースは、途中で映画『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)の再撮影に参加しつつ本作の撮影を行うという、多忙なスケジュールをこなしていた。そして、2018年10月17日現地時間、約3ヶ月に及ぶ撮影を無事に終了したようである。

「僕のMIB撮影は終了!!ロンドンからモロッコ、イタリア、そしてニューヨークまで。この最高の旅を共にした素晴らしいキャストとスタッフに感謝の気持ちを捧げます。そして我らのF・ゲイリー・グレイ監督。楽しかった時間、たくさんの笑い、そして忘れられない思い出に乾杯!僕たちが作り上げたこの映画を皆さんに見せるのが楽しみです。また、すぐ会いましょう。」

ヘムズワースは同コメントとともに、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)に続いての共演となるテッサ・トンプソンとの写真など、様々なロケ地で撮影されたとみられる写真を投稿。本作は過去作品よりも大スケールに、世界を股にかけて展開する物語になると言われており、その内容通り世界の至る所で撮影が行われたようだ。なお本投稿には、ヘムズワース自身の撮影が終了したと書くに留まっているため、他キャストの撮影はまだ進行中のものと見られる。

本作には、ヘムズワースがエージェントH、トンプソンがエージェントM役で出演するほか、MIBイギリス支局長役で『スター・ウォーズ』『96時間』のリーアム・ニーソン、『メン・イン・ブラックIII』(2012)でエージェントOを演じたエマ・トンプソン、『ミッション:インポッシブル』シリーズや『グレイテスト・ショーマン』(2017)のレベッカ・ファーガソン、『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』(2017)のクメイル・ナンジアニらが出演すると報じられている。

監督は『ストレイト・アウタ・コンプトン』(2015)や『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017) のF・ゲイリー・グレイが担当、脚本は『アイアンマン』(2008)や『トランスフォーマー/最後の騎士王』(2017)のマット・ホロウェイ&アート・マーカムが執筆する。

映画『メン・イン・ブラック』の新作スピンオフ映画(タイトル不明)は2019年5月17日に米国公開予定。

Sources: Instagram

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly