Menu
(0)

Search

『キャプテン・マーベル』は90年代の音楽をフィーチャー ─ 「あの頃を思い出す」懐かしの楽曲たち

キャプテン・マーベル
© MARVEL/PLANET PHOTOS 写真:ゼータイメージ

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最新作『キャプテン・マーベル』は、1990年代の舞台設定そのままに、当時を象徴する音楽をフィーチャーするという。

MCU史上初の女性主人公作品で、同じく初の女性監督を務めたアンナ・ボーデンが米AMCに語ったところによると、同作では「90年代のおなじみの音楽」を起用するとのこと。MCU作品と音楽といえば、70〜80年代のポップソングを多数起用した『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズが印象的だ。アンナ監督は「『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』には敵わない」と同シリーズの音楽面を認めながら、『キャプテン・マーベル』について「90年代が舞台ということで、90年代の音楽がいくつか流れますよ。昔のことが思い出されるかも」と示唆。「あの頃を思い出す、忘れていた曲や、ずっと聴いていなかった曲」がたくさんあるということだ。

『キャプテン・マーベル』予告編映像では、キャプテン・マーベルとなる主人公キャロル・ダンバースが、90年代を代表するロックバンドのひとつナイン・インチ・ネイルズ(NINE INCH NAILS)のTシャツを着用している姿も確認できる。また、米マーベル・エンターテインメントが2019年1月7日に公開した予告編映像”Special Look”冒頭では、1995年にブレイクを果たしたロックバンド、エラスティカ(Elastica)の楽曲「Connection」がプレイされているなど、既に90年代の音楽へのアプローチが見て取れる。

1990年代は、ニルヴァーナ(Nirvana)に代表されるグランジ・オルタナ系のバンドが隆盛を極めるなど、ロック史上としてはホットな時代だった。当時に青春時代を過ごした世代のファンにとって、『キャプテン・マーベル』はより一層見逃せない作品となりそうだ。

映画『キャプテン・マーベル』は2019年3月15日(金)に日本公開予定。

『キャプテン・マーベル』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/captain-marvel.html

Source:AMC

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly