Menu
(0)

Search

『キャプテン・マーベル』まだ未完成、編集作業が進行中 ─ 劇場公開まで約2ヶ月

東京コミコン2018 キャプテン・マーベル
©THE RIVER

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』(4月26日公開)につながる、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)初の女性ヒーロー映画『キャプテン・マーベル』は、米国公開日の2019年3月8日まで2ヶ月となった現在も鋭意製作中のようだ。

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、1月6日(米国時間)に開催されたゴールデングローブ賞の授賞式にて、米MTV Newsの取材に応じている。

監督ほか製作チーム、鋭意編集中

ファイギ社長は『キャプテン・マーベル』に主演するブリー・ラーソンについて、「素晴らしい、最高の俳優です」と一言。続けて製作の進捗状況について述べている。

まだ編集作業中なんですよ。VFXがついて、音楽がついて、最終段階です。(ゴールデングローブ賞の)レッドカーペットでお話ししているのでなければ、僕は編集室にいるところですね。(『キャプテン・マーベル』に関わっていない)残りのメンバーは『アベンジャーズ/エンドゲーム』の方をやっています。」

『キャプテン・マーベル』については、先日、米国の映画館AMC Theatresなどのウェブサイトで上映時間に関する情報が告知されていた。しかし肝心の本編が完成していない以上、そこで告知された上映時間は最終決定版ではないとみられる。今後、追って正式な情報が告知されることになるだろう。

『キャプテン・マーベル』

『キャプテン・マーベル』は、1995年を舞台に、“MCU史上最強のヒーロー”であるキャロル・ダンバース/キャプテン・マーベルのオリジン(起源)を描く物語。宇宙空間で圧倒的な戦闘能力を見せつける姿は、すでに公開されている予告映像でも確認することができる。

主人公キャロル・ダンバース/キャプテン・マーベルを演じるのは『ルーム』(2015)のブリー・ラーソン。『シャーロック・ホームズ』シリーズのジュード・ロウ、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)のベン・メンデルソーンがMCU作品に初出演する。

おなじみのニック・フューリー役を演じるサミュエル・L・ジャクソン、『アベンジャーズ』(2012)以来のスクリーン復帰となるフィル・コールソン役のクラーク・グレッグは、1995年が舞台とあって、全編デジタル処理によって若き日の姿で出演。さらに『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)のロナン(リー・ペイス)&コラス(ジャイモン・フンスー)も登場する。

脚本&監督を務めるのは、『なんだかおかしな物語』(2010)や『ワイルド・ギャンブル』(2015)の新鋭ライアン・フレック&アンナ・ボーデン。MCUに女性監督が登板するのもアンナが初めてとなる。

映画『キャプテン・マーベル』は2018年3月15日(金)全国ロードショー

『キャプテン・マーベル』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/captain-marvel.html

Source: MTV News

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly