Menu
(0)

Search

超解説『キャプテン・マーベル』米レビューサイトへの荒らし攻防戦 ─ 出演者らも呆れのコメント

映画『キャプテン・マーベル』のレビューをめぐる場外乱闘が続いている。米大手レビューサイト「Rotten Tomatoes」上に投下された「荒らし」による大量の書き込みには公式に対策が投じられ、著名人らも苦言を呈している。

この記事では、『キャプテン・マーベル』Rotten Tomatoesレビューをめぐるこれまでの経緯と現在の状況を、できる限り平易に解説する。


荒らしの発生

日本では2019年3月15日公開となるマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最新作『キャプテン・マーベル』は、MCU史上初の女性ヒーロー映画。主演のブリー・ラーソンが女性インタビュアーによる取材の機会を増やすよう求めたことなどから、一部の保守的な映画ファンが怒り、まだ米公開も迎えていなかった頃から同作への”荒らし投票”を始めたのだ。

Rotten Tomatoes上には、封切り前の作品への期待を数値化する「観たい(WANT TO SEE)」スコアが存在するが、こうした荒らし攻撃を受け、「観たい」スコアは一時28%程度まで低下。さらに攻撃的なコメントも多数残されていた。

「観たい」システムの改正

これを受けてRotten Tomatoesは、サイト全体におけるシステム変更を余儀なくされた劇場公開前のコメント受け付けを終了したほか、期待度を示す「観たい」表示をスコア(パーセンテージ)ではなくユーザー数で表示する方針に切り替えたのだ。同サイトは「荒らし行為に近い、建設的でない情報が増えるケースを確認している」とコメント。観客の期待度は、スコアではなく「観たいと思っているユーザーの数」だけで示されることになった。

映画が米公開、スコアの行方は

一部で波乱続く中、『キャプテン・マーベル』は2019年3月8日よりついに米公開を迎えた。蓋を開けてみれば、ネット上の荒らし合戦はどこ吹く風。初週末興行収入は米国内1億5,300万ドル、世界4億5,500万ドルを記録。この額は歴代全映画の中でも『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)を凌ぐ第6位の大健闘である。

公開に伴ってRotten Tomatoesでは、観客が自由にレビューを投稿できるようにより、その総評がオーディエンス・スコアの形で数値化されるようになった。ところが、ここでも荒らしによる低評価レビュー攻撃が勃発。評論家によるスコアは80%の「認定フレッシュ」評価を受けている一方、『キャプテン・マーベル』のオーディエンス・スコアは、MCU映画史上としては圧倒的に最下位の30%台からのスタートとなった(これまでのMCU映画オーディエンス・スコアは、すべて70%以上を記録している)。

『キャプテン・マーベル』の観客レビュー数は一時58,000件にまで昇ったが、これは公開終了済みの『アベンジャーズ・インフィニティ・ウォー』(2018)の53,500件を超えてしまう数値だ。これでは、意図的な悪意を持った不正投稿が紛れていても分からない。不正に辟易する声の中には、明らかなボットによる悪質な自動投稿を見つけた報告もある。

レビュー数、約5万件減少

この動きに対し、Rotten Tomatoesは再度対策を投じた。58,000件ほどあったレビューのうち、約50,000件を削除したのだ。同サイトはこれを「バグ」対策だと説明した。米The Hollywoor Reporterを通じ、以下の声明を発表している。

「我々は先週、公開前の映画に関する機能に変更を行いました。劇場公開前の作品に対しては、コメントやレビューを受け付けないというものでした。しかし、ユーザーには公開前の映画に対して『観たい』投票を行って頂けるようになっています。その総数はサイト上に表示されます。

先週の機能アップデート以降に劇場公開された映画の中に、バグがあることが分かりました。ユーザー投稿の数(オーディエンススコアの直下に表示されるもので、映画公開後に書かれたレビューだけの数を示すもの)が、劇場公開前と公開後の両方の投稿を含んでしまっていたのです。

運営側の懸命な努力にかかわらず、『キャプテン・マーベル』オーディエンス・スコアはその信頼性に疑いがかかる紆余曲折を経てしまった。「バグ」のために大多数が削除され、約8,000件から再スタートとなった同作レビューは、本記事執筆時点(2019年3月11日12時)には投稿数が51,200件以上に。スコアは30%台から58%にまで持ち直しているが、その評価は依然MCU映画史上最低だ。この評価が適正かどうかさえ、今となっては分からなくなってしまった。

2019年3月11日13時時点。

「まともに生きろ」著名人らも呆れ

こうした場外乱闘を目の当たりにし、著名人らも呆れた様子でコメントを発している。たとえば、荒らしからの攻撃には一通り耐え忍んできたであろう『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)ライアン・ジョンソン監督は、「これこそ、新しい『認定フレッシュ』バッジですね」と皮肉。女性リブート版『ゴーストバスターズ』(2016)では、やはりネット上のアンチからの攻撃に晒されたポール・フェイグ監督も「哀れな連中がこんなことを組織的にやっているなんて、何て悲しいことか。これはマジでウィリアム・シャトナーの名言”まともに生きろ(Get life)”のままだ」と哀れんだ。また、コールソン役で本作にも出演のクラーク・グレッグは米Nerdistのインタビューに対し、「悲しいよね。絶滅しかけの恐竜が彷徨っている時ってこんな感じの悲しさなんだろうね」と痛烈だ。

残念ながら『キャプテン・マーベル』Rotten Tomatoesスコアは、本来の機能から逸脱し、その信憑性を欠いていると言わざるを得ない。やもすれば、サイト全体の信頼にも影響しかねないほどだ。映画を公平に評価するための世論の場のひとつが、非生産的な荒らしの手によって奪われてしまう事態は絶対に避けなければならないだろう。

荒らしによってスコアが乱された作品は『キャプテン・マーベル』が初めてではない。先にコメントを紹介した監督らによる『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』や2016年版『ゴーストバスターズ』など前例はいくつかある。

なぜ荒らし行為はいつも付きまとうものなのか?『キャプテン・マーベル』ニック・フューリー役のサミュエル・L・ジャンクソンは、呆れながらもこう分析する。

「自分は誰にも相手にされないから、何の責任も取らなくていい。だったら何とだって言えるわけだな。誰かを落胆させたり、誰かの努力を台無しにしたいんだったら、何だって言える。すべての人が明るい状態になりたいわけじゃない。それこそが問題なわけだ。」

『キャプテン・マーベル』日本では2019年3月15日(金)公開。世界で一番信用できるのは、あなたの鑑賞眼だ。

海外では堂々の大ヒットスタート

『キャプテン・マーベル』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/captain-marvel.html

Source:THR,BadTaste,Rotten Tomatoes

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly