Menu
(0)

Search

米レビューサイト「Rotten Tomatoes」劇場公開前の観客評価機能を終了 ─ 『キャプテン・マーベル』への荒らし行為に対策講じる

キャプテン・マーベル
© MARVEL/PLANET PHOTOS 写真:ゼータイメージ

いま、映画業界においてひとつの問題となっているのが「悪質ファン」だ。米国では「Toxic Fandom(有害なファンたち)」と形容されることも多いが、映画ファン、あるいはシリーズのファンでありながら、作品や関係者への攻撃行為を繰り返す人々のことである。

2019年2月、この問題に関して大きな話題となっていたのが、マーベル・シネマティック・ユニバース最新作キャプテン・マーベル(2019年3月15日公開)だった。女性ヒーロー映画であること、主演のブリー・ラーソンが女性インタビュアーによる取材の機会を増やすよう求めたことなどから、一部の“映画ファン”がなぜか怒り始め、攻撃行為を開始していたのだ。

その舞台となったのは、米国の大手レビューサイト「Rotten Tomatoes」だった。劇場公開前に作品の期待度を数値化する、観客の「観たい(WANT TO SEE)」スコアを下げることを目的に、悪質な“荒らし投票”が相次いだのだ。批評家からは早くも絶賛を受けていたにもかかわらず、『キャプテン・マーベル』の「観たい」スコアは28%程度まで低下、さらに攻撃的なコメントも数多く残されていた。

Rotten Tomatoes、システムを大幅に変更へ

こうした動きを受けて、2019年2月25日(米国時間)にRotten Tomatoesはシステムの大幅変更を発表した劇場公開前のコメント受け付けを終了したほか、期待度を示す「観たい」表示をスコア(パーセンテージ)ではなくユーザー数で表示する方針に切り替えたのである。これについて、運営側は「(劇場公開後に観客の評価を示す)オーディエンス・スコアとの混乱を避けるため」と説明。事実上、劇場公開前に観客からの評価を受け付ける機能を廃止した格好だ。あくまでも観客の期待度は、スコアではなく「観たいと思っているユーザーの数」だけで示されることになる。

システムの変更によって、2月27日(日本時間)現在、『キャプテン・マーベル』のページはこのような状態となっている。今回、ページのインターフェースも若干変更された。

https://www.rottentomatoes.com/m/captain_marvel スクリーンショット[2019年2月27日 12:30]

このたびRotten Tomatoesは「残念ながら、時には荒らし行為に近い、建設的でない情報が増えるケースを確認しています。これは一般の読者にとって有害なものと考えました」とのコメントを発表。今回のシステム変更は「現時点で最良の行動」との考えを示している。

むろん、一部のファンが荒らし行為に及ぶケースは『キャプテン・マーベル』が初めてではない。同じくマーベル・シネマティック・ユニバース作品である『ブラックパンサー』(2018)や、世界規模で物議を醸した『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)、女性によるリブートがバッシングを受けた『ゴーストバスターズ』(2016)といったケースは映画ファンの記憶にも新しいのではないだろうか。今回、Rotten Tomatoesがシステムの変更に踏み切ったことは、いかに一連の行為が悪質で、運営側にとっても無視できない問題となっていたかを如実に示している。

発表によれば、Rotten Tomatoesは映画の劇場公開後、従来通り観客からの評価やコメントを受け付けるとのこと。しかし問題は、公開後に荒らし行為への対策が講じられるかどうかにもあるだろう。荒らし行為が劇場公開後に再開されてしまえば、今回の取り組みは一時的な効果にとどまったと言わざるを得ないからだ。また、全体に比すれば“ごく一握り”のユーザーによってスコアが大幅に変動する可能性が明らかになった以上、これは観客スコアそのものの信頼性が揺らぐ事態であり、過去のケースについても再度きちんと検証されるべき事案とすらいえる。なお米Colliderは、一連の荒らし行為について「どれだけの人間が共通して関わっているのだろう」との疑問も呈した。

『キャプテン・マーベル』は2019年3月8日に米国での劇場公開を迎える。Rotten Tomatoesに限らず、各映画サイトやSNSにおける動向には引き続き注意したい。

Sources: Rotten Tomatoes, Collider

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly