Menu
(0)

Search

『キャプテン・マーベル』米予告編に業界内でも注目集まる ― キャプテン・アメリカ役クリス・エヴァンス、人気歌手らが続々反応

©THE RIVER

2018年9月18日(米国時間)、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の第21作となる映画『キャプテン・マーベル』の米国版予告編が公開された。米国公開まで約6ヶ月ある本作には、早くも世界中のファンから大きな注目が集まっている。もちろん関係者たちも、いよいよ登場するMCU初の女性ヒーロー映画に期待をふくらませているようだ。

『キャプテン・マーベル』の米国版予告編に対して、“もうひとりのキャプテン”であるキャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスが反応。さらに『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)でヴァルキリーを演じたテッサ・トンプソンや『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)マンティス役のポム・クレメンティーフもコメントしている(お詫び:各ツイートがうまく表示されない場合、リンクをクリックして元のツイートをご覧いただくか、スマートフォンにてご閲覧ください)。

テッサ・トンプソン
「これが彼女のやってのけた仕事。ブリー・ラーソン、あなたは私のヒーロー(“HER”O)です。3月が待ちきれません。」

ポム・クレメンティーフ
「鳥肌立った!!!!!映画を観るのが楽しみ。ブリー・ラーソン、最高!!!」

またMCU作品のキーパーソンであり、本作では全編デジタル処理で25歳若返っての登場となるニック・フューリー役のサミュエル・L・ジャクソンも『キャプテン・マーベル』の予告編到着に反応している。

「彼女がやってくる。で、僕は彼女と一緒に遊べる!」

『キングコング:髑髏島の巨神』ジャパン・プレミア レッドカーペットにて。©THE RIVER

ちなみに『キャプテン・マーベル』で主人公キャロル・ダンバース/キャプテン・マーベルを演じるブリー・ラーソンは、こうした関係者たちの声にきちんと返事を送っている。

しかしブリーがなによりも興奮をみせたのは、人気シンガーソングライターのホールジーが予告編にコメントしたことだ。予告編のスクリーンショットを使いながら「ブリー・ラーソン?大好きですよ」と記したホールジーに対して、ブリーは「えっ、すごい、パニック」と反応。さらにホールジーが「映画、楽しみにしています。大好きです」と返答すると、ブリーは「待って、私も大好きです。いま両想いってことですよね。人生最高だ」と応じている。なんという心温まるやり取りであろうか…。

『キャプテン・マーベル』は1990年代を舞台に、新たな女性ヒーローであるキャプテン・マーベルのオリジン(起源)が描かれる。出演者にはブリー・ラーソンのほか、『シャーロック・ホームズ』シリーズのジュード・ロウ、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)のベン・メンデルソーンらがMCU作品初出演。ニック・フューリー役のサミュエル・L・ジャクソン、フィル・コールソン役のクラーク・グレッグは全編デジタル処理によって25歳若返った姿で出演するほか、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)に登場したクリー人のロナン(リー・ペイス)&コラス(ジャイモン・フンスー)も再登場する。

映画『キャプテン・マーベル』は2019年3月8日に米国公開予定

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly