『キャプテン・マーベル』米予告編、ついに公開 ― ブリー・ラーソン演じる新女性ヒーロー登場

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)、『アントマン&ワスプ』(2018)に続くマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最新作、映画『キャプテン・マーベル(邦題未定、原題:Captain Marvel)』の米国版予告編が公開された。

『ルーム』(2015)のブリー・ラーソンを主演に迎え、新たな女性ヒーローであるキャプテン・マーベルのオリジン(起源)を描く本作は、1990年代を舞台とするMCUの新機軸。同時に、『アイアンマン』(2008)から約10年間にわたって繰り広げられてきた物語を完結させる『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)につながる一本として“見逃し厳禁”の超重要作品だ。

THE RIVERでは、2018年9月18日時点でわかっている本作の情報を、こちらの記事にて一挙ご紹介している。予告編をじっくりと楽しんだあとは、予習も兼ねて記事をご覧いただければ幸いである。

『キャプテン・マーベル』今までにわかっていること ─ あらすじ、ヴィラン、主要キャラクター設定など

主人公キャロル・ダンバース/キャプテン・マーベルを演じるブリー・ラーソンのほか、本作では『シャーロック・ホームズ』シリーズのジュード・ロウ、『ローグ・ワンスター・ウォーズ・ストーリー』(2016)のベン・メンデルソーンらがMCU作品初出演。
また『アイアンマン』以来のキーパーソンであるニック・フューリー役のサミュエル・L・ジャクソン、フィル・コールソン役のクラーク・グレッグは、全編デジタル処理によって25歳若返った姿で登場する。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)に登場したクリー人のロナン(リー・ペイス)&コラス(ジャイモン・フンスー)も再び物語に関わるとあって、MCUの前日譚的趣向にも注目だ。

映画『キャプテン・マーベル(邦題未定、原題:Captain Marvel)』は2019年3月8日に米国公開予定

Source: Marvel Studios

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。