Menu
(0)

Search

アカデミー賞国際賞候補『聖なる犯罪者』予告編&場面写真 ─ エドガー・ライト絶賛、Netflix『ヘイター』ヤン・コマサ監督作

聖なる犯罪者
© 2019 Aurum Film Bodzak Hickinbotham SPJ.- WFSWalter Film Studio Sp.z o.o.- Wojewódzki Dom Kultury W Rzeszowie - ITI Neovision S.A.- Les Contes Modernes

Netflix『ヘイター』(2020)のヤン・コマサ監督作、第92回アカデミー賞国際長編映画賞を『パラサイト 半地下の家族』(2019)と争ったポーランド映画聖なる犯罪者の予告編&場面写真が公開された。

少年院に服役中のダニエルは、前科者は聖職に就けぬと知りながらも神父になることを夢見ている。仮釈放を受け、田舎の製材所で職を得たダニエルは、ふと立ち寄った教会で新任の司祭と勘違いされて司祭の代わりを命じられるのだった。司祭らしからぬダニエルは村人たちに戸惑われるが、少しずつ信頼を得ていく。そして、数年前に村で起こった事故を知ったダニエルは、心に深い傷を負った人々を癒そうとする。ところがそんな中、少年院にいた男が現れ、すべてを暴くとダニエルを脅迫したことから、事態は思わぬ方向へと転がり始めて……。

公開された予告編には、少年院で敬虔なカトリック教徒となったダニエルが、牧師に「神のもとで働きたい」と頼み込むが、「前科者は聖職に就けない」と告げられる姿が。やがて仮釈放となったダニエルは、小さな田舎町の教会にて、どこからか入手した牧師の服を見せたことから本物と間違われる。その町では、凄惨な自動車事故が起き、多くの人々が亡くなったばかり。告解に訪れる人々を前に、ダニエルはセリフや手順をスマートフォンで盗み見し、そして教会のミサで人々の前で説教を説く。

聖なる犯罪者
© 2019 Aurum Film Bodzak Hickinbotham SPJ.- WFSWalter Film Studio Sp.z o.o.- Wojewódzki Dom Kultury W Rzeszowie – ITI Neovision S.A.- Les Contes Modernes
聖なる犯罪者
© 2019 Aurum Film Bodzak Hickinbotham SPJ.- WFSWalter Film Studio Sp.z o.o.- Wojewódzki Dom Kultury W Rzeszowie – ITI Neovision S.A.- Les Contes Modernes
聖なる犯罪者
© 2019 Aurum Film Bodzak Hickinbotham SPJ.- WFSWalter Film Studio Sp.z o.o.- Wojewódzki Dom Kultury W Rzeszowie – ITI Neovision S.A.- Les Contes Modernes

『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』(2017)のショーン・ベイカー監督は「大胆で、面白く、情け容赦ない映画」、『ベイビー・ドライバー』(2017)のエドガー・ライト監督も「とんでもない映画だ!生々しい現実を、スリル満点に描いている」と驚嘆。本作は2019年ヴェネチア国際映画祭内のベニス・デイズ部門でプレミア上映され、ポーランドのアカデミー賞とされる「2020 ORL Eagle Awards」で監督賞・作品賞・脚本賞・編集賞・撮影賞など11部門を受賞。世界中の映画祭を席巻し、作品賞・監督賞・主演男優賞を中心に計49の賞を獲得した。

監督の新鋭ヤン・コマサは、長編デビュー作『スーサイド・ルーム』(2011)が第61回ベルリン国際映画祭パノラマ部門に正式出品、第2作『リベリオン ワルシャワ大攻防戦』(2014)がポーランドで大ヒットを記録。最新作『ヘイター』はトライベッカ映画祭のインターナショナル・ナラティブ部門で最優秀作品賞を受賞した。主演のバルトシュ・ビィエレニアは、少年院出身のダニエル、司祭トマシュという真逆の人物像を演じきり、第55回シカゴ国際映画祭、第30回ストックホルム映画祭で主演男優賞に輝き、第70回ベルリン国際映画祭では若手俳優に与えられる2020ヨーロピアン・シューティングスターに選出された。

映画『聖なる犯罪者』は2021年1月15日(金)より全国順次公開

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly