Menu
(0)

Search

「カウボーイビバップ」ドラマ版、継続を求める署名運動が開始 ─ Netflixの打ち切り決定を受けて

カウボーイビバップ
Netflixシリーズ「カウボーイビバップ」独占配信中

日本発の人気アニメーション作品を実写ドラマ化した、Netflixシリーズカウボーイビバップの製作継続を求める署名運動が話題だ。本作はNetflixの注目企画として2021年11月19日に全世界で配信がスタートしたが、12月10日にはシーズン1限りでの打ち切りが決定していた。

配信開始後、わずか1ヶ月にも満たずに打ち切りが決まったことについては、キャスト&スタッフのみならず、この野心的なドラマ化を評価していたファンの間でも落胆の声が続出していた。Netflixは打ち切りの理由を発表していないが、批評家や観客からの厳しい評価、また視聴数の伸び悩みなどが大きく作用したものとみられている。

これを受けて、署名活動サイトChange.orgでは、打ち切り決定の直後から「実写版カウボーイビバップを守れ(Save the live action cowboy bebop)と題した運動がスタートしている。発起人のライアン・プロッファー氏は、「実写版カウボーイビバップのシーズン2(あるいはそれ以上)を求める方々のために。アニメをそのままコピーせずに作り上げられた世界は素晴らしく、シーズン2が作られるにふさわしいものでした」と記した。なお、署名数は12月18日13:00時点で21,000を突破している。

「カウボーイビバップ」は宇宙を舞台に、“カウボーイ”と呼ばれる賞金稼ぎのスパイク・スピーゲル、ジェット・ブラック、フェイ・ヴァレンタインが、それぞれ複雑な事情を抱えながら、凶悪な犯罪者を追って太陽系を駆け巡るストーリー。打ち切りの決定後、共同エクゼクティブ・ディレクターのジャヴァイア・グリロ=マルクスアチは「シーズン2はすごいプランが沢山あったのにね」、脚本コーディネーターのナオミ・マークマンは「シーズン2の脚本を誰よりも読んだ一個人として……クソもったいないよ」との思いを吐露していた。

Netflixシリーズ「カウボーイビバップ」は独占配信中。

あわせて読みたい

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly