Menu
(0)

Search

全米興行収入1位の大ヒット映画『クレイジー・リッチ!』早くも続編企画が進行中

クレイジー・リッチ!
© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND SK GLOBAL ENTERTAINMENT

全米で大ヒット中の映画『クレイジー・リッチ!』に、早くも続編の企画が進行中だ。米Deadlineなど複数のメディアが報じている。

アジア系俳優が全ての主要キャラクターを演じている点から社会的意義も大きい本作。プロデューサーを務めたニーナ・ジェイコブソンは続編について、「是非製作したいと思っています。観客のご要望があればの話ですけれどね。今週末(映画を見て)そう感じてくれることを願っています」と語っている。

ジェイコブソンの望み通り、本作は2018年8月17日から19日までの週末3日間の興行収入で約2,650万ドルを稼ぎ、全米1位の大ヒット作品に。最終的には1億〜1億1,000万ドルの全米興行収入を稼ぎ出すとも見られている。この予想成績をラブコメ作品の代表作と比較すると、続編が2作も製作された大ヒット映画『ブリジット・ジョーンズの日記(2001)や、現在3作目の企画が進行中の映画『キューティ・ブロンド』(2001)の全米興行収入を上回ることとなる。

クレイジー・リッチ!
© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND SK GLOBAL ENTERTAINMENT

本作の社会現象的大ヒットを受け、配給のワーナー・ブラザーズは続編企画を大きく前進させた。この続編には本作のジェイコブソン含むプロデューサー陣やジョン・M・チュウ監督が再登板する見込みだ。脚本家のピーター・チアレイとアデル・リムも本作に続けての登板を交渉中。脚本が完成した後、ワーナー・ブラザーズは正式なゴーサインを出す予定とされている。

なお、主人公レイチェル役を演じたコンスタンス・ウー、レイチェルの恋人ニック役のヘンリー・ゴールディング、そしてニックの母親役の『メカニック:ワールドミッション』(2016)のミシェル・ヨーらも再登場の可能性があるとされるが、現時点で詳細はわからない。

続編では、一作目の原作となったケヴィン・クワン著の『クレイジー・リッチ・アジアンズ』シリーズ2作目『China Rich Girlfriend(原題)』が原作に。ちなみに、同シリーズ本は現時点で3作品発表されている。『China Rich Girlfriend』ではレイチェルがニックと共に中国にいる大金持ちの実の父親を探しに行く物語が展開するそうだ。『クレイジー・リッチ!』に登場した他の人物の恋愛模様も描かれるとされている。

映画『クレイジー・リッチ!』は2018年9月28日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー。

『クレイジー・リッチ!』公式サイト:https://warnerbros.co.jp/movies/detail.php?title_id=54615

Sources: Deadline, The Hollywood Reporter, Box Office Mojo(1, 2), Entertainment Tonight

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly