Menu
(0)

Search

『クリード 炎の宿敵』主人公アドニス、因縁の敵をリングにて迎え撃つ ― 場面写真2枚公開、ロッキーとの師弟関係も示唆

クリード 炎の宿敵
©2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

『ロッキー』シリーズの新章として全世界で大ヒット、絶賛を受けた映画『クリード チャンプを継ぐ男』(2015)の続編『クリード 炎の宿敵』が2019年1月11日(金)に公開される。
このたび本編より、“宿敵”を迎え撃つ主人公アドニス・クリードとロッキーの姿をとらえた2枚の場面写真が初公開された。

タイトルにもある“宿敵”とは、『ロッキー4/炎の友情』(1985)で父親アポロの命を奪ったイワン・ドラゴとその息子ヴィクターのこと。
このたび公開された場面写真の1枚目は、リングのアドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)と、その傍らに立つ師ロッキー(シルベスター・スタローン)の姿をとらえたもの。前作に続き、アドニスは伝説のチャンプである父アポロ、固い絆で結ばれたロッキーへと引き継がれた星条旗デザインのトランクスを身につけている。

また2枚目は、チームの面々を率いてリングへと向かうアドニスの姿をとらえたカット。セコンドの一人がWBCのチャンピオンベルトを携えていることから、アドニスが名実ともに“チャンプを継ぐ男”となっていることがわかる。しかし、真紅のガウンを着たアドニスの表情は冴えない。チームで最も重要な人物であるロッキーの姿が見当たらないのだ。

クリード 炎の宿敵
©2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

すでに公開されている予告編で、ロッキーは最強の敵であるヴィクター・ドラゴ(フロリアン・ムンテアヌ)との因縁の一戦に臨むのは止めるように助言していた。しかし「俺は負けない」と応じたアドニスは、師の言葉に耳を貸さずに闘うことを決意したのである。ロッキーとアドニス、師弟の間で一体なにが起こったのか……。

本作で主人公アドニスを演じるのは、前作に続き『ブラックパンサー』(2018)の悪役も記憶に新しいマイケル・B・ジョーダン。ロッキー役のシルベスター・スタローン、イワン・ドラゴ役のドルフ・ラングレンが復活するほか、イワンの息子ヴィクトル役にはルーマニア人ボクサーのフロリアン・ムンテアヌが起用された。ビアンカ役のテッサ・トンプソン、養母メアリー役のフェリシア・アシャッドらが前作から続投する。監督は新鋭スティーブン・ケープル・Jr.。前作を手がけたライアン・クーグラーは製作総指揮を務める。

映画『クリード 炎の宿敵』は2019年1月11日(金)より全国ロードショー

『クリード 炎の宿敵』公式サイト:http://www.creedmovie.jp

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly