Menu
(0)

Search

カンバーバッチ、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』がここまで成功するとは思っていなかった

ベネディクト・カンバーバッチ Benedict Cumberbatch
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28570188272

コロナ禍で歴史的記録を達成したマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最新作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』。直近では全米興行収入がジェームズ・キャメロン監督の『アバター』(2009)を超え、歴代3位を記録したことが話題となったばかりだが、実は『ノー・ウェイ・ホーム』が公開される前、作品がここまで成功することを疑っていた出演者がいた。劇中で大失敗してしまうドクター・ストレンジこと、ベネディクト・カンバーバッチだ。

今や歴史に名を残す1作となった『ノー・ウェイ・ホーム』について英Empireで振り返ったカンバーバッチは、こう語る。「ケヴィン・ファイギが最初に“この映画が公開されたら、映画の未来、映画館での体験がどういうものなのかを知ることになるでしょう”的なことをおっしゃった時、僕はこう思いました。“ふむ、これは皆、クールエイドを飲みすぎているんだな”と」。

カンバーバッチの言う“クールエイドを飲む”というのは、「盲信する」というスラングの意味で使われており、恐らくファイギをはじめとする『ノー・ウェイ・ホーム』の成功を確信している人々への懐疑心を表現しているものと思われる。もっとも、カンバーバッチは先のような自身の考えが誤算であったことを認めており、「僕の無知さが露呈していました」と語っている。

冒頭でも記した通り、『ノー・ウェイ・ホーム』はコロナ禍という制限をものともしない偉業を成し遂げている。ファンにとっては嬉しいことだが、もしかするとカンバーバッチにとっては、記録が伸びれば伸びるほど不安やプレッシャーがのしかかってくるのかもしれない。なにしろ、『ノー・ウェイ・ホーム』に続くMCU次回作こそ、カンバーバッチ主演の『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』なのだ。

とはいえ、『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』は早くも大きな注目を集めており、公開されている予告編を巡っては様々な考察が行われている。『ノー・ウェイ・ホーム』で開いたマルチバースをメインテーマに展開していく本作からも目が離せない。

Source: Empire

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly