Menu
(0)

Search

『ブラックパンサー』チャドウィック・ボーズマン、『ブラック・クランズマン』スパイク・リー監督の新作に出演 ─ Netflixが配給交渉中

チャドウィック・ボーズマン スパイク・リー
[左]Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/35852212800/ [右]Photo by Georges Biard https://en.wikipedia.org/wiki/File:Spike_Lee_Cannes_2018.jpg

映画『ブラックパンサー』(2018)のチャドウィック・ボーズマンが、『ブラック・クランズマン』(2019年3月22日公開)や『25時』(2002)などのスパイク・リー監督による新作映画『Da 5 Bloods(原題)』に出演することがわかった。米Varietyなどが報じている。

本作はベトナム戦争に従軍した元兵士たちが、戦争によって壊れてしまった自分自身を取り戻すため、自らの魂を救済するために、再びジャングルへと戻っていく物語。チャドウィックのほかに出演するのは、『マルコムX』(1992)などスパイク・リー作品に複数出演するデルロイ・リンドー、『レオン』(1994)『クリムゾン・リバー』(2000)などで知られるジャン・レノだ。

脚本を担当するのはリー監督と、『ブラック・クランズマン』『チャイラク』(2005)でリーと組んだケヴィン・ウィルモット。ダニー・ビルソン&ポール・デメオによるオリジナル脚本を原案に、マシュー・ビリングズリーの改稿を経て、リー監督&ウィルモットが執筆にあたったという。

また本作の配給については、Netflixが契約交渉に入っているとのこと。リー監督は複数のスタジオに脚本を提出しており、『ブラック・クランズマン』がアカデミー賞にノミネートされたあと、Netflixが獲得に興味を示したという。なお、リー監督はNetflixにて、自身の同名映画を原案とするドラマシリーズ「シーズ・ガッタ・ハヴ・イット」(2017-)を製作。本作の契約が結ばれた場合、初のNetflixオリジナル映画となる。

プロデューサーを務めるのはリー監督のほか、『ドゥ・ザ・ライト・シング』(1989)からスパイク・リー作品を手がけているジョン・キリク、『ユナイテッド93』(2006)『ウォッチメン』(2009)のロイド・レヴィンほか。撮影は早ければ2019年3月にも開始されるという。

リー監督の最新作『ブラック・クランズマン』は、第91回アカデミー賞にて、作品賞・監督賞・助演男優賞(アダム・ドライバー)・脚色賞・編集賞・作曲賞の6部門にノミネートされた。チャドウィックが主演した『ブラックパンサー』も作品賞をはじめ6部門にノミネートされており、こちらの結果にも注目したいところだ。

ブラック・クランズマン
『ブラック・クランズマン』(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

映画『ブラック・クランズマン』は2019年3月22日(金)全国ロードショー。『Da 5 Bloods(原題)』の発表時期は不明。

『ブラック・クランズマン』公式サイト:http://bkm-movie.jp/

Sources: Variety, Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly