Menu
(0)

Search

レイ役デイジー・リドリー、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』撮影・公開時の心境を告白 ― 「頭の中がぐちゃぐちゃだった」

スター・ウォーズ

映画スター・ウォーズ/最後のジェダイでレイ役を演じるデイジー・リドリーが、前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)の撮影時、そして公開時の率直な心境を明かした。「公開後は、とにかく頭の中がぐちゃぐちゃでしたね。」

人気シリーズ『スター・ウォーズ』の実感なし?

V MAGAZINEのインタビューに、カイロ・レン役のアダム・ドライバーと共に応じたデイジー・リドリー。デイジーは『フォースの覚醒』のJ・J・エイブラムス監督と初めて話した際、役柄の詳細はおろか「レイ」という役名すら知らされていなかったという。当初の予定ではデイジーの役名は「キーラ(Keera)」だったが、アブダビでのロケ撮影を終えて初めて自分の役名が「レイ」になったことを知ったというのだ。

しかも当時忙しかったというデイジーは、脚本を実際に読むまで、監督と満足に対話を重ねる時間もなかったのだという。それゆえ、自分が取り組む仕事について彼女はきちんと実感を抱けていなかったとか……。

「自分が何をやろうとしているのか、何が起ころうとしていたのか、本当にわからなかったんです。当時は映画の経験もなかったし、何もかもが初めてでした。すごくクレイジーだったのは、(エイブラムス監督と)話してもなお、その時点では何も理解できていなかったってことですね。」

初めての映画、しかも『スター・ウォーズ』のヒロインという大役を任されたデイジーは内心プレッシャーに押し潰されそうになっていたのかもしれない。実際に映画が公開された後の心境を、デイジーは極限状態にあったのか、「とにかく頭の中がぐちゃぐちゃでした」と語っているのだ。またデイジーは、自分が『フォースの覚醒』を鑑賞した感想を「とても恥ずかしかった」とも述べている。「我ながら、とてもひどいなって思いました。たくさんの人がこれを観てるなんて信じられなかったです。」

だが、最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の撮影が始まるころには、デイジーもずいぶん落ち着いていたようだ。「また戻ってくるのはちょっと変な感じもした」としつつも、前回よりは撮影に慣れ、気持ちも楽になったという。「私は私。構えるようなことじゃない。私は私の仕事をするだけだし、他の人は他の仕事をしてるだけ。私は私である、ただそれだけのことですよね。」

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は、いよいよ2017年12月15日より全国ロードショー
映画『オリエント急行殺人事件』(2017)、『ピーター・ラビット(原題:Peter Rabbit)』(2018)など話題作への出演が続き、女優として着実に成長しつつあるデイジー・リドリーの渾身の演技にも注目したい。

(文:まだい)

Source: https://www.yahoo.com/entertainment/daisy-ridley-gets-real-apos-140001244.html
https://vmagazine.com/article/driving-miss-daisy/
©THE RIVER

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モーリタニアン 黒塗りの記録

【レビュー】『モーリタニアン 黒塗りの記録』シリアスと娯楽性のバランス ─ カンバーバッチも自ら出演志願した理由とは

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

Ranking

Daily

Weekly

Monthly