Menu
(0)

Search

レイ役デイジー・リドリー、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』撮影・公開時の心境を告白 ― 「頭の中がぐちゃぐちゃだった」

スター・ウォーズ

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でレイ役を演じるデイジー・リドリーが、前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)の撮影時、そして公開時の率直な心境を明かした。「公開後は、とにかく頭の中がぐちゃぐちゃでしたね。」

人気シリーズ『スター・ウォーズ』の実感なし?

V MAGAZINEのインタビューに、カイロ・レン役のアダム・ドライバーと共に応じたデイジー・リドリー。デイジーは『フォースの覚醒』のJ・J・エイブラムス監督と初めて話した際、役柄の詳細はおろか「レイ」という役名すら知らされていなかったという。当初の予定ではデイジーの役名は「キーラ(Keera)」だったが、アブダビでのロケ撮影を終えて初めて自分の役名が「レイ」になったことを知ったというのだ。


しかも当時忙しかったというデイジーは、脚本を実際に読むまで、監督と満足に対話を重ねる時間もなかったのだという。それゆえ、自分が取り組む仕事について彼女はきちんと実感を抱けていなかったとか……。

「自分が何をやろうとしているのか、何が起ころうとしていたのか、本当にわからなかったんです。当時は映画の経験もなかったし、何もかもが初めてでした。すごくクレイジーだったのは、(エイブラムス監督と)話してもなお、その時点では何も理解できていなかったってことですね。」

初めての映画、しかも『スター・ウォーズ』のヒロインという大役を任されたデイジーは内心プレッシャーに押し潰されそうになっていたのかもしれない。実際に映画が公開された後の心境を、デイジーは極限状態にあったのか、「とにかく頭の中がぐちゃぐちゃでした」と語っているのだ。またデイジーは、自分が『フォースの覚醒』を鑑賞した感想を「とても恥ずかしかった」とも述べている。「我ながら、とてもひどいなって思いました。たくさんの人がこれを観てるなんて信じられなかったです。」

だが、最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の撮影が始まるころには、デイジーもずいぶん落ち着いていたようだ。「また戻ってくるのはちょっと変な感じもした」としつつも、前回よりは撮影に慣れ、気持ちも楽になったという。「私は私。構えるようなことじゃない。私は私の仕事をするだけだし、他の人は他の仕事をしてるだけ。私は私である、ただそれだけのことですよね。」

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は、いよいよ2017年12月15日より全国ロードショー
映画『オリエント急行殺人事件』(2017)、『ピーター・ラビット(原題:Peter Rabbit)』(2018)など話題作への出演が続き、女優として着実に成長しつつあるデイジー・リドリーの渾身の演技にも注目したい。

(文:まだい)

Source: https://www.yahoo.com/entertainment/daisy-ridley-gets-real-apos-140001244.html
https://vmagazine.com/article/driving-miss-daisy/
©THE RIVER

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly