Menu
(0)

Search

『トップガン』続編で主題歌「デンジャー・ゾーン」再録か ─ 若き男性ロックシンガーとデュエットの可能性

トップガン
photo by Photographer's Mate 2nd Class Jayme Pastoric (RELEASED)

そのイントロを聴くだけで、大空に飛び立つトムキャットの勇姿が目に浮かぶ名曲「Danger Zone」が、映画に併せて新たに蘇るかもしれない。

トム・クルーズ主演の名作『トップガン』続編、『トップガン2(仮題)』の撮影が開始されている。同作を語る上で欠かせないのが、ケニー・ロギンスによる主題歌「Danger Zone」の存在だろう。『トップガン』続編では、この名曲を再起用するばかりか、新たな歌い手と共に再録を行う可能性があるという。TMZがケニー・ロギンス本人に続編における同曲の復活を尋ね、以下の回答を得ている。

「僕もトム・クルーズにお会いしたときに、その質問をしたんですよ。そしたら、”もちろん『Danger Zone』は使わなきゃ”ということでした。もしかしたら若い子とデュエットでもやるかも。若い世代に受け継がれていくのは嬉しいですね。候補は何人かいますよ。ロック系のかなりカッコいい子ですね。」

ケニーは続けて、目下候補とされるロック・ミュージシャンについては「男性」であると明かし、「彼、または彼らのやり方でやると思います。バンドかソロ・アーティストかは内緒ですけど」、「あの曲を再発明したい」と続けている。

果たしてケニーがデュエット相手に選ぶ、若い男性ロック・ミュージシャン、またはロック・バンドとは誰だろう。オリジナル版から30年以上の時を経て、新たな世代の感性を取り入れた新たなサウンドで蘇る「Danger Zone」にも期待大だ。

映画『トップガン2(仮題)』は、トム・クルーズ演じるピート・ミッチェル/マーヴェリックが若いパイロットを鍛える教官になっているという設定。前作で主人公マーヴェリックのライバルとして登場したアイスマン役でヴァル・キルマーの続投も伝えられている。2019年7月12日より米国公開予定。

Source:TMZ

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly