Menu
(0)

Search

『ダークナイト』3部作、DC映画ユニバースに属する計画あった ─『ダークナイト ライジング』エンディングをきっかけにナシに

ダークナイト ライジング
© Warner Bros. Entertainment Inc. and Legendary Pictures Funding, LLC

ザック・スナイダーによる『マン・オブ・スティール』(2013)を皮切りに始まった、DC映画ユニバース。どうやら、クリストファー・ノーランによる『ダークナイト』トリロジーを、DC映画ユニバースの一部にするという計画が当初検討されていたようだ。

この記事には、『ダークナイト ライジング』のネタバレが含まれています。

ポッドキャスト「Happy Sad Confused」にてスナイダーは、ノーランがユニバース計画に対して完全に否定的ではなかったことを明かしている。「100%候補から外されていたわけではありません。そのことについて私たちは少しだけ話し合っていました」。DC映画ユニバース作品としては、『マン・オブ・スティール』のほか、『ワンダーウーマン』(2017)『ジャスティス・リーグ』(2017)『アクアマン』(2018)『シャザム!』(2019)などがあり、すべてのキャラクターが同じ世界線に属している。そんなDC映画ユニバースに、『ダークナイト』トリロジーも含まれていたら実に興味深いことになっていたに違いない。

しかし、スナイダーによると実現に至るのは難しかったそうだ。その背景には、『ダークナイト ライジング』(2012)にてブレイク(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)が警察を辞めて、バットマンとなるエンディングにあるという。また、スナイダーは、ユニバースに含めなかったことを後悔していないようだ。

「ジョセフ・ゴードン=レヴィットがバットマンとなるユニバースになってしまうので。それはそれで最高なものになっていたと思いますけど。もちろんノーランを責めるつもりはありませんし、彼の作品が他の要素が加わったことで汚れるようなこともありません。ただ、素晴らしいトリロジーなので、手を加えなくてよかったと思っています。」

その結果、DC映画ユニバースではレヴィットではなく、ベン・アフレックがバットマン役を演じることになったというわけだ。ちなみに、スナイダーによるとアフレックは当初、バットマン役を引き受けることを躊躇していたのだという。その理由は定かでないが、バックアッププランとして、『レッド・スパロー』(2018)『オールド・ガード』(2020)などのマティアス・スーナールツが検討されていたとのことだ。

Source: Happy Sad Confused

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly