シリーズ最新作『X-MEN: ダーク・フェニックス』ジェームズ・マカヴォイほか出演者再集結!監督は交代へ

映画『X-MEN』シリーズの最新作『X-MEN: ダーク・フェニックス(原題:X-MEN: Dark Phoenix)』に、2011年『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』からの“新3部作”を牽引してきた出演者たちが復帰することがわかった。

Deadlineによると、本作『ダーク・フェニックス』にはジェームズ・マカヴォイ(プロフェッサーX役)、マイケル・ファスベンダー(マグニートー役)、ジェニファー・ローレンス(ミスティーク役)、ニコラス・ホルト(ビースト役)、アレクサンドラ・シップ(ストーム役)、ソフィー・ターナー(ジーン・グレイ役)、タイ・シェリダン(サイクロップス役)、コディ=スミット・マクフィー(ナイトクローラー役)が揃って復帰するという。

なおヴィランとして登場するリランドラ・ネラマニ(シーアー帝国の王女)役には、『ゼロ・ダーク・サーティ』のジェシカ・チャステインが出演交渉に入っているようだ。

マカヴォイ、ファスベンダー、ローレンスは、前作『X-MEN: アポカリプス』(2016年)をもって20世紀フォックスとの出演契約を終了したといわれていた。今回の報道は以前ささやかれた『X-MEN』リブートの噂を否定するには十分な内容といえそうだ。また本作『ダーク・フェニックス』は、コミック通りの内容になるとすればジーン・グレイとサイクロップスの二人が物語の主軸を担うとみられる。シリーズのメンバーが揃い踏みしながらも、従来シリーズとは異なる味わいの作品になるかもしれない。

“シリーズを知り尽くした男”が監督に就任!

またDeadlineによると、『ダーク・フェニックス』ではついにサイモン・キンバーグが監督を務めるという。2006年『X-MEN: ファイナル・ディシジョン』の脚本を皮切りにメイン・シリーズで脚本とプロデューサーを兼任、さらに『デッドプール』『LOGAN/ローガン』やドラマ『レギオン』などでもプロデューサーを担当する『X-MEN』映像化のキーパーソンである(もちろん本作の脚本も執筆)。キンバーグにとっては初めての監督業だが、シリーズを知り尽くした男とあって、その仕上がりには期待しても良さそうだ。

前作『アポカリプス』をはじめシリーズ4作品を監督したブライアン・シンガーは、自身のInstagramでキンバーグへのバトンタッチを表明している。

#torchpass @xmenmovies @simondavidkinberg #xmen #darkphoenix Epic story in great hands!

Bryan Singerさん(@bryanjaysinger)がシェアした投稿 –

映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』は2018年11月2日米国公開予定

Sources: http://deadline.com/2017/06/x-men-dark-phoenix-jennifer-lawrence-michael-fassbender-james-mcavoy-simon-kinberg-1202113290/
http://comicbook.com/2017/06/14/x-men-dark-phoenix-bryan-singer-simon-kinberg/
Eyecatch Image: https://www.amazon.co.jp/dp/B06XK923J9/

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。