【噂】『X-MEN』ついにリブート!シリーズが直面する「3つの転機」とは?一方で『デッドプール3』が始動

ハリウッド・レポーター誌が驚きのニュースを報じている。20世紀フォックス社が、映画『X-MEN』シリーズをリブートする方向で動いているというのだ。同誌は情報源について詳しく明かしていないため、情報の信憑性には疑問が残るものの、いずれにせよ『X-MEN』ユニバースが大きな転機を迎えていることは間違いないとみられる。

http://blueaura18.deviantart.com/art/XMen-Film-Series-Timeline-v1-456041277

http://blueaura18.deviantart.com/art/XMen-Film-Series-Timeline-v1-456041277

『X-MEN』の直面する「3つの転機」

ハリウッド・レポーター誌によると、20世紀フォックス社は『X-MEN』ユニバースの再構成を進めており、一連の作品で製作や脚本を務めてきたサイモン・キンバーグ氏が今後のカギを握るようだ。また『X-MEN』や『X-MEN: アポカリプス』など4作品を手がけたブライアン・シンガー監督は離脱するとのこと。キンバーグ氏はすでに新たな脚本に着手しているという。

『X-MEN』ユニバースは、シリーズ第1作が公開された2000年から、これまで16年という月日をかけて作り上げられてきた。なぜフォックス社はここにきてリブートに踏み切るのだろうか? シリーズが直面している「3つの転機」に注目してみよう。

1.興行収入の不振

『X-MEN』本編は、3作目『X-MEN: ファイナル・ディシジョン』(2006年)で“初期三部作”を終了し、4作目『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』(2011年)から“前日譚三部作”をスタートさせている。もちろんこれは「世界観の一新」という意味でのリブートではなく、そうした必要もないほど、初期三部作の興行収入は右肩上がりだった。

しかし、前作『X-MEN: フューチャー&パスト』(2014年)から最新作『X-MEN: アポカリプス』(2016年)の興行収入差は一目瞭然で、『フューチャー&パスト』が全世界で約7億4,800万ドルを売り上げたのに対し、『アポカリプス』は約5億4,400万ドルにとどまった。わずか2年でこの急降下を見せた事実を、おそらくフォックス社は重く捉えたことだろう。

2.ウルヴァリン卒業、“前日譚”キャストの契約終了

『X-MEN』ユニバース最大の功労者といえば、ローガン/ウルヴァリンを演じるヒュー・ジャックマンだ。しかし『デッドプール』以外の全作品に出演した彼も、「ウルヴァリン」3部作の最終章『ローガン(原題)』でウルヴァリン役を卒業する。16年間ユニバースを支えた彼の卒業は、まぎれもなく“大きな転機”だ。ちなみにプロフェッサーX役のパトリック・スチュワートも同作がシリーズ最後の作品となる。

ウルヴァリン最終作『ローガン』予告編が公開!ヒーロー映画とは思えない渋みと楽曲の和訳

またハリウッド・レポーター誌は、“前日譚三部作”の主要キャストであったジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ニコラス・ホルトの4人は『アポカリプス』をもって出演契約が終了したと報じている。しかし情報源の人物によれば、新たな脚本を執筆中のキンバーグ氏はマカヴォイ、ファスベンダー、ローレンスの続投を想定しているようだ。3人の続投には莫大な予算が必要になりそうだが、果たして実現するだろうか……。

3.スピンオフ作品の“行き詰まり”

「ウルヴァリン」3部作や『デッドプール』は大ヒットを収めたものの、現在準備されている『X-MEN』スピンオフ作品の進捗はさほど芳しくない。『デッドプール2』からティム・ミラー監督と作曲家ジャンキーXLが降板記事)したほか、チャニング・テイタム主演『ガンビット』もダグ・リーマン監督が降板したために製作開始がさらに延びている状況だ。

唯一順調とみられるのはジョシュ・ブーン監督『ニュー・ミュータンツ』で、2017年春にも撮影が始まる予定だ。新しい『X-MEN』ユニバースを占うのは、もしかするとこの作品かもしれない?

【X-MENスピンオフ】チャニング・テイタム主演『ガンビット』が相変わらず製作遅れまくりの模様

『デッドプール3』という伏兵

一方、新たな『X-MEN』ユニバースで重要な存在となりそうなのがライアン・レイノルズ扮するデッドプールである。情報源の人物によると、フォックス社はすでに『デッドプール3』の計画を始動させているという。同作はミュータントの戦闘集団・X-フォースが登場する物語になるようだ。

『デッドプール2』に登場するらしいケーブルドミノは、コミックではX-フォースの人物だが、映画でどんな設定が与えられるかはわからない。ただしコミックのX-フォースはニューミュータンツにも関係しているため、前述の映画『ニュー・ミュータンツ』と計画中の『デッドプール3』のストーリーが繋がっている可能性は高そうだ。

http://screenrant.com/cable-and-deadpool-movie/

http://screenrant.com/cable-and-deadpool-movie/

いずれにしても確実に言えるのは、今は『デッドプール3』よりも『デッドプール2』のほうが心配ということだ。しかし、今後の『X-MEN』ユニバースはどう変わっていくのだろうか……。

ヒュー・ジャックマンとパトリック・スチュワートがシリーズを卒業する、映画『ローガン(原題)』は2017年3月3日全米公開予定。なんらかの節目となる作品であることは間違いないだろう。

source: http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/foxs-x-men-issues-jennifer-lawrence-unsigned-deadpool-defections-gambit-hold-945505
Eyecatch Image: http://gamerssphere.com/2015/08/07/fox-working-live-action-x-men-series/

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。