2018年『X-MEN: ダーク・フェニックス』がヒーロー映画に革命起こす!ジーン・グレイ役女優が語る、新写真も到着

映画『X-MEN』シリーズの最新作、『X-MEN: ダーク・フェニックス(原題:X-Men: Dark Phoenix)』は、これまで20世紀フォックス社が挑戦してきた“新しいヒーロー映画”への取り組みをさらに推し進めるものとなりそうだ。
物語のキーパーソン、ジーン・グレイ役を演じるソフィー・ターナーが、英Empire誌にて本作の内容や製作について語っている。

『X-MEN: ダーク・フェニックス』あらすじ&本編写真、米誌で公開!「X-MEN史上一番エモーショナルで、一番哀しい」

『X-MEN』最新作は「ヒーロー映画の革命」

『X-MEN: ダーク・フェニックス』は、ジーン・グレイが自身の能力によって、もうひとつの恐るべき人格を生み出してしまうというストーリー。演じるソフィー・ターナーが「ジーンは最強のミュータントですよ。それが必ずしも良いこととは限らないんですが」と述べているように、彼女を中心にシビアで哀しい展開が描かれることになるという。

物語の原案となっているのは、コミックでも有名なストーリー「ダーク・フェニックス・サーガ」。2006年『X-MEN: ファイナル ディシジョン』でも扱われていたが、本作ではその全貌を真正面からきちんと描ききることになりそうだ。脚本・監督を務めるのは、長らく『X-MEN』シリーズの脚本家・プロデューサーを務めてきたサイモン・キンバーグ。「大胆」かつ「過激」な映像化になることを約束してくれている。

もっともサイモン監督にとって、本作『X-MEN: ダーク・フェニックス』は初めての監督作品だ。しかしソフィーは、その監督としての力量をこのように語っている。

「サイモンは長年『X-MEN』のブレーンだったんです。私たちの一人ひとりをやる気にしてくれて、(『X-MEN』)シリーズそのものを捉えて、しかも彼なりの方法で監督しているのはすごく楽しかったですよ。今まで仕事をした中で最高の監督の一人だと言わなきゃいけませんね。すごく情熱的で、しかも協力的なんです。」

サイモン監督が執筆した脚本を手にした時、ソフィーは「最高のスーパーヒーロー・ストーリーだけでなく、非常に個人的な物語を伝えなきゃいけないと気づいた」という。能力によって独立した人格が生まれてしまった、というキャラクターを演じるため、ソフィーは精神医学を参考にしながら、非常に厳しい撮影に臨んだようだ。本作のジーンを演じるのは「まさにチャレンジだった」と彼女は振り返っている。

 

『X-MEN: ダーク・フェニックス』を、ソフィーは「どんな映画版X-MENとも違う」「ダークで現実的なドラマ」だと語る。『デッドプール』(2016)でバイオレンス・コメディを、『LOGAN/ローガン』(2017)でクラシックな西部劇を、そして2018年公開『ニュー・ミュータンツ(原題:New Mutants)』ではホラーを要素として取り入れてきた映画版『X-MEN』は、本作でどんな極地に至るのだろう?

「私たちは革命を起こしているんです。スーパーヒーロー映画に、完全なる新ジャンルを作りたかったんですよ。」

映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』は2018年11月2日より米国公開予定。
ちなみに英Empire誌のウェブサイトでは、マグニートー(マイケル・ファスベンダー)がなにやら辛い目に遭っている場面写真が公開されている……。

X-MEN:ファースト・ジェネレーション

『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』
ブルーレイ発売中
¥1,905+税
20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント

(C)2014 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

 

Sources: Empire Magazine 2018 February
https://www.empireonline.com/people/michael-fassbender/michael-fassbender-magneto-dark-phoenix/
https://www.cbr.com/x-men-dark-phoenix-revolutionize-superhero-films/

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。