Menu
(0)

Search

ユニバーサルの新企画「ダーク・ユニバース」で『オペラ座の怪人』『ノートルダムのせむし男』などが復活へ!

ダーク・ユニバース
(C)Universal Pictures

ユニバーサル・ピクチャーズが2017年より始動させる「ダーク・ユニバース」は、同社がかつて手がけてきたモンスター映画を次世代向けにリメイクするという企画だ。第1弾作品は2017年7月28日公開『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』で、この映画は『ミイラ再生』(1932年)のリメイク作品である。豪華キャストで名作モンスター映画が甦るという一大企画には、すでに多くの注目が集まっている。

このたびその「ダーク・ユニバース」のラインナップとして、誰もが名前を知る名作『オペラ座の怪人』と、ディズニーによるアニメ作品で有名な『ノートルダムのせむし男』などのリメイクが予定されていることが判明した。

名作続々「ダーク・ユニバース」

「ダーク・ユニバース」のラインナップとして現在発表されているのは、先述の『ザ・マミー』、そして2019年2月14日公開予定の『フランケンシュタインの花嫁(仮題)』だ。公開時期は不明だが、ジョニー・デップ出演の『透明人間(仮題)』、ハビエル・バルデム出演の『フランケンシュタイン(仮題)』も予定されている。

しかし「ダーク・ユニバース」の仕掛け人であり『ザ・マミー』の監督を務めるアレックス・カーツマンは、このユニバースにさらなる構想があることをFANDOMによるインタビューで語っていた。

「『フランケンシュタイン』、『フランケンシュタインの花嫁』、『魔人ドラキュラ』『大アマゾンの半魚人』『オペラ座の怪人』『ノートルダムのせむし男』、『透明人間』をやる予定なんです」

公式発表こそされていないものの、この発言からは、作品ラインナップに驚くべき作品群が並んでいることがわかる。なかでも注目すべきは、1920年代にユニバーサル・ピクチャーズが初めて手がけた2本のモンスター映画、『オペラ座の怪人』『ノートルダムのせむし男』が入っていることだろう。そしてこの2作は、単に「モンスター映画」というジャンルに収まらない背景を持つ作品でもある。

『オペラ座の怪人』(1925年)

『オペラ座の怪人』は、1909年にフランスの作家ガストン・ルルーが発表した文学作品を原作とする。ユニバーサル・ピクチャーズによる「1925年版」は2度目の映画化で、ルパート・ジュリアンが監督を務め、“怪人”であるエリックをロン・チェイニー、クリスティーヌをメアリー・フィルビンが演じている。原作に忠実な映画化といわれており、今回のリメイクは本作を基に製作されるとみられる。なお原作小説はこのあと何度も映画化されており、ミュージカルにもなった作品だ。

『ノートルダムのせむし男』(1923年)

ヴィクトル・ユゴーによる文学作品『ノートルダム・ド・パリ』を初めて映画化した作品が、この『ノートルダムのせむし男』だ。ウォーレス・ワースリー監督のもと、タイトルロールであるカジモドをロン・チェイニー、ヒロインのエルメラルダをパッツィ・ルース・ミラーが演じている。原作小説は1996年に『ノートルダムの鐘』としてアニメーション映画化されており、現在はこちらの印象が強い人も多いことだろう。

このように『オペラ座の怪人』『ノートルダムのせむし男』は、どちらも現在まで読み継がれる文学作品を映画化した作品であり、しかもユニバーサルは両作を1920年代にサイレント映画として製作している。こうした背景を踏まえて、「ダーク・ユニバース」は各作品をどのように取り込み、現代(次世代)に向けてリメイクするのだろうか? 文学的・歴史的意味の色濃い作品を、あえてモンスター映画として再び製作する試みも非常に興味深い。

ちなみに「ダーク・ユニバース」の特徴はモンスターや登場人物を演じる豪華な顔ぶれだが、同じくFANDOMのインタビューでカーツマンはこんなことを話している。

マイケル・ファスベンダーに出てほしいし、ジェニファー・ローレンスにも出てほしいし、シャーリーズ・セロンにも、アンジェリーナ・ジョリーにも……」

ここで名前の出されたアンジェリーナ・ジョリーは、先日『フランケンシュタインの花嫁』への出演が噂されたばかり。もしかするとこれらの人物は、すでに“出演希望”ではなく“出演が決定している”人物だということはないだろうか……?

なにかと気になることだらけの「ダーク・ユニバース」だが、いよいよ開幕は『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』が公開される2017年7月19日に迫っている。あとから慌てて追いかけなくてもいいように、ぜひ劇場に足を運びたい。

Sources: http://screenrant.com/dark-universe-hunchback-of-notre-dame-phantom-of-the-opera/
http://fandom.wikia.com/articles/mummy-producer-says-phantom-hunchback-added-dark-universe
©Universal Pictures

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly