Menu
(0)

Search

デヴィッド・フィンチャー監督最新作、10月にNetflixにて配信開始か ─ 『市民ケーン』の脚本家を描く伝記映画

デヴィッド・フィンチャー
Photo by Raffi Asdourian ( https://www.flickr.com/photos/zaffi/13522588123/ ) / Remixed by THE RIVER

『ゴーン・ガール』(2014)以来6年ぶりとなる、鬼才デヴィッド・フィンチャー監督の新作映画『Mank(原題)』が2020年10月にNetflixで配信される可能性が高まってきた。米ポッドキャスト「Pardon My Take」にて、本作のプロデューサーを務めるエリック・ロスが明かしている。

『Mank』はフィンチャー監督が長年温めてきた念願の企画で、2003年に他界した実父ジャック・フィンチャーが生前に執筆した脚本を基に描くモノクロ映画。名匠オーソン・ウェルズ監督による不朽の名作『市民ケーン』(1941)の共同脚本家ハーマン・J・マンキウィッツを主人公に、同作の脚本執筆時の裏側に迫りながら、ウェルズとの間に生じた問題についても掘り下げていく。

エリック・ロスは『Mank』について、「素晴らしい作品に仕上がってますよ。1930年代のモノクロ映画を彷彿とさせる作りになっているんです。まるで、当時の作品のように感じさせられますよ」と自信を滲ませた。「6人ぐらいしか観に行かないでしょうけどね。でも、本当に素晴らしいですよ」とジョークも交えている。なお、Netflixは配信日についての公式発表を出していないため、続報に期待したいところだ。

出演者には、脚本家ハーマン・J・マンキウィッツ役に『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(2017)のゲイリー・オールドマン、監督オーソン・ウェルズ役に「マスケティアーズ/三銃士」(2014-2016)のトム・バーク、女優マリオン・デイヴィス役に『マンマ・ミーア!』シリーズのアマンダ・サイフリッド、女優リタ・アレクサンダー役に『あと1センチの恋』(2014)のリリー・コリンズ、マンキウィッツの弟役に「オザークへようこそ」(2017-)のトム・ペルフリーなど、ベテランから若手まで錚々たる顔ぶれが集結している。

あわせて読みたい

Source: The Film StagePardon My Take , Collider

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly