Menu
(0)

Search

『デッドプール2』監督がiPhoneだけで本気出して雪合戦を撮影したら凄かった ─ 「巨大な機材なんて必要ないんです」

https://youtu.be/cM8DcCoZulw

映画監督になりたいなら、今すぐ手元のスマートフォンで始めよう。

『ジョン・ウィック』(2014)で共同監督を務め、『ジョン・ウィック:チャプター2』(2017)では製作総指揮を担当。『アトミック・ブロンド』(2017)で監督デビューを果たしてから『デッドプール2』(2018)『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(2019)でもメガホンを取った、今最も旬なアクション映画監督のデヴィッド・リーチが、iPhone11 proで迫力ある雪合戦のショートムービー「Snowbrawl」を撮影した。およそスマホで撮ったとは思えない大迫力の映像、まさに「プロの犯行」な1分半をまずはご覧頂きたい。

圧倒的なスピード感や、メリハリあるアクション描写は、まさにデヴィッド・リーチ作品で観られた迫力に溢れている。この作品の撮影舞台裏を切り取ったメイキング映像も、約2分の見やすい尺で公開中だ。当たり前のことではあるが、本当にiPhoneで撮影したのだと関心させられる。

映像の中核となるのは、「兄に雪合戦で立ち向かう若き女性主人公」のストーリー。「攻撃を受け、苦しんでいて、“彼女に勝ち目はあるのか”という場面から始まるんです。そこで、弱者の若いグループが機転を利かして兄を仕留める」、「そして賞品のクマちゃんを勝ち取るんです」と監督は解説する。

全てのクリエイター、またはクリエイターの卵にとって激励となりそうなのが、「素晴らしいストーリーを語るのに、ハリウッド映画で使うような巨大な機材なんて必要ないんです」という言葉だ。「カメラ(iPhone11 pro)の柔軟性、つまり軽さや動かしやすさをクリエイティブに活かしました。こういうのは、大きな映画用カメラだとシミュレートし辛い。今回は、こういったクラシックなカンフー的構成を素早く、簡単に組み立てることが出来ました。」

オープニングシーン、逆光を背に少女が走る映像は4Kの毎秒60フレームで撮影。iPhoneカメラの強みを享受できたとリーチ監督は認める。なお、雪合戦のアクションでは本物のスタントマンが子役らにアクションを稽古して撮影に挑んだという。

この作品が、クリエイターに刺激を与えられたら良いなと思ってます。デバイスを手にとって、僕たちと同じようにクリエイティブになって欲しい。」つまり、機材や環境はあまり関係ないということだ。大切なのは、クリエイティブなアイデアと行動力。創作意欲に、雪玉をガツンとぶつけらるような刺激的な短編映像である。

合わせて読みたい

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly