Menu
(0)

Search

DC映画版ケヴィン・ファイギの座に『IT/イット』『LEGO ムービー』プロデューサーが有力

Photo:Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Dan_Lin_by_Gage_Skidmore.jpg

心機一転を図るDC映画を統括する役として、『IT/イット』『LEGO ムービー』など製作の映画プロデューサー、ダン・リンが有力候補となっている。米Deadlineが報じている。

かねてより米ワーナー・ブラザース・ディスカバリーはDC映画の立て直しを図っており、同社CEOのデヴィッド・ザスラフらは「品質重視」のチーム創立に奮起。彼らはマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギのような統括役を求めていることを隠しておらず、『ジョーカー』(2019)トッド・フィリップス監督にその役職を検討しているとも伝えられていた

新たな有力候補とされるダン・リンは『IT/イット』『LEGO ムービー』『シャーロック・ホームズ』といったワーナーの人気シリーズのほか、ディズニー実写版『アラジン』(2019)なども手がけたヒットメイカー。ハーバード・ビジネス・スクールのMBAを取得したエリートであり、デヴィッド・ザスラフの顧問にして元ワーナー・ブラザース社長のアラン・ホルン(現ウォルト・ディズニー・スタジオ会長)をメンターに学んだ経歴もあるという。

現時点で正式な契約は取り交わされていないが、リンも関心を寄せている。トッド・フィリップスはその後、『ジョーカー』続編映画の監督業に集中していると見られる。

目下、DC映画は堅実な人事再編をもって足元を固めている印象。ザスラフ氏はシリーズを立て直す10年計画を明らかにしており、今後は一貫したブランド戦略を打ち出すものと見られる。

Source:Deadline

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly