Menu
(0)

Search

『ジャスティス・リーグ』スナイダー・カット、特報映像が公開 ─ 全4話構成で米配信、海外展開も計画中

https://www.youtube.com/watch?v=z6512XKKNkU

DC映画ユニバースのクロスオーバー作品、ジャスティス・リーグスナイダー・カットの特報映像が世界公開された。2020年8月23日(日本時間)、DC史上最大のバーチャルイベント第1弾「DCファンドーム:ホール・オブ・ヒーローズ」のトークセッションにてお披露目となった。

今回の発表によると、『ジャスティス・リーグ』スナイダー・カットは各話1時間、全4話構成でHBO Maxにて2021年に配信予定。1本の長編作品としてもリリースする計画だという。スナイダー監督はHBO Maxのサービスが始まっていない世界各国での公開も約束し、「お見せする方法を探ります」と語った。

スナイダー・カット初の予告編となった今回の映像には、おなじみのヒーローたちの“見たことのないシーン”や、劇場公開版からカットされたアイリス・ウェスト(カージー・クレモンズ)らの場面も。ヴィランのステッペンウルフは新たなデザインで登場し、幻の悪役ダークサイドもしっかりと姿を見せる。音楽はレナード・コーエンの「ハレルヤ」が起用された。同じくスナイダー監督による『ウォッチメン』(2009)を思い出した方も多いのでは?

なお、スナイダー監督はサイボーグフラッシュの出番が増量されることも約束。「サイボーグが映画の核であり、彼がチームをまとめる」と述べ、フラッシュについても「よりエモーショナルな物語になる」「今までに見たことのないフラッシュをお見せする」予告した。

出演者はバットマン役のベン・アフレックワンダーウーマン役のガル・ガドットアクアマン役のジェイソン・モモア、フラッシュ役のエズラ・ミラー、サイボーグ役のレイ・フィッシャーほか。エイミー・アダムスジェレミー・アイアンズJ・K・シモンズジェシー・アイゼンバーグら、DC映画ユニバースを彩ってきた豪華キャストもスナイダーのビジョンに基づいて再登場する。音楽はジャンキーXLとハンス・ジマーが担当。

なお、「DCファンドーム:ホール・オブ・ヒーローズ」は2020年8月23日(日)2:00~26:00に開催。第2弾「DCファンドーム:ディスカバー・マルチバース」は9月13日(日)2:00~26:00に開催される(※どちらも日本時間)。

Source: Deadline(1, 2

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly