Menu
(0)

Search

『ザ・フラッシュ』マイケル・キートン版バットマン共闘アート公開 ─ 「全ストーリーとキャラが衝突」タイムトラベルも

theflash
https://twitter.com/Fandango/status/1297245287283478530

DC史上最大のバーチャルイベント第1弾「DCファンドーム:ホール・オブ・ヒーローズ」にて、フラッシュ/バリー・アレンの単独映画『ザ・フラッシュ(原題:The Flash)』の新情報が明かされた。

『ザ・フラッシュ』パネルには、映画シリーズで同役を引き続き務めるエズラ・ミラーが「スーパーマンはベジタリアンで、メタリカが好き」などのトリビアを紹介しながら登場。ほか、監督・製作のアンディ・ムスキエティとバルバラ・ムスキエティの姉弟脚本クリスティーナ・ホドソンが登場した。

新たにコンセプトアートが披露され、フラッシュが『ジャスティス・リーグ』時とは異なる新スーツを着用することが明らかに。ブルース・ウェインバットマンが作ったものだという。前作までのアーマーのような印象とは異なり、よりしなやかなデザインだ。TVドラマ「THE FLASH/フラッシュ」に近いと言えるかもしれない。アンディ監督は新スーツのデザインについて、「よりオーガニックで、閃光が取り入れられている」と紹介した。

クリント・イーストウッド特集

本作『ザ・フラッシュ』は、複数の世界観が登場する「マルチバース」構想を取り入れると伝えられていたが、アンディ監督はここでタイムトラベルの要素が含まれると認めた。エズラは「すべてのストーリーやキャラクターが衝突し始める」と紹介。その実例と言えそうなのが、公開されたコンセプトアートの1枚だ。フラッシュの後ろでファイティングポーズを構えているのは、マイケル・キートン版バットマンのように見える。本作には他にも、ベン・アフレック版バットマンが登場することも明らかになっている

DCユニバースの一変が予想される『ザ・フラッシュ(原題:The Flash)』は2021年初頭にも撮影開始予定。監督・製作のムスキエティ姉弟の近作には『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』シリーズがある。

Source: DC FanDome

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly