Menu
(0)

Search

『デッド・ドント・ダイ』豪華ミュージシャンのカメオ出演に気をつけろ ─ イギー・ポップ、トム・ウェイツ、RZA、セレーナ・ゴメスなど

デッド・ドント・ダイ
Credit : Abbot Genser / Focus Features © 2019 Image Eleven Productions, Inc.

ビル・マーレイ&アダム・ドライバー主演のゾンビ・コメディデッド・ドント・ダイには、音楽をこよなく愛する巨匠ジム・ジャームッシュ監督の新作とあって、本作には多数のミュージシャンが出演する。カメオ出演を見逃した人も、見逃したくない人も、その顔ぶれをチェックしてみよう。

このたび、ビル・マーレイとティルダ・スウィントンが、ミュージシャンたちとの共演について語る特別動画もあわせて到着している。

『デッド・ドント・ダイ』登場ミュージシャン

イギー・ポップ

デッド・ドント・ダイ
©2019 Image Eleven Productions Inc. All Rights Reserved.

『デッド・ドント・ダイ』に登場するミュージシャンの筆頭は、「ゴッドファーザー・オブ・パンク」ことイギー・ポップ。ジャームッシュ監督が手がけた、伝説のバンド「ザ・ストゥージズ」のドキュメンタリー映画『ギミー・デンジャー』(2016)の主人公でもある。本作ではコーヒーを求めてさまよう、衝撃的な“コーヒー・ゾンビ”として登場する。

トム・ウェイツ

デッド・ドント・ダイ
©2019 Image Eleven Productions Inc. All Rights Reserved.

「酔いどれ詩人」の異名で知られ、グラミー賞を2度受賞、ロックの殿堂入りもしているシンガーソングライターのトム・ウェイツは、俳優業としての活動も豊富。ジャームッシュ監督とは親交が深く、『ダウン・バイ・ロー』(1986)の主演を務めるなど、いまやジャームッシュ組の常連俳優だ。

RZA

デッド・ドント・ダイ
Credit : Abbot Genser / Focus Features © 2019 Image Eleven Productions, Inc.

グラミー賞に輝くヒップホップグループ、「ウータン・クラン」のリーダーであるRZAは、『ゴースト・ドッグ』(1999)で映画音楽を手がけたほか俳優デビューを果たした。その後、俳優業にも積極的に取り組んでいるRZAは、『アイアン・フィスト』(2012)で監督業にも進出。ジャームッシュ作品への出演は『コーヒー&シガレッツ』(2003)以来となる。

セレーナ・ゴメス

デッド・ドント・ダイ
©2019 Image Eleven Productions Inc. All Rights Reserved.

ジャームッシュ作品への初出演を飾るのは、今をときめくポップ・スターのひとり、セレーナ・ゴメス。『スプリング・ブレイカーズ』(2012)『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(2015)のほか、ロバート・ダウニー・Jr.主演『ドクター・ドリトル』にも出演している。もともと監督の娘がファンだったというが、監督自身もセレーナのヒット曲『Bad Liar』を「見事な草分け的ポップミュージック」と絶賛した。

スタージル・シンプソン

デッド・ドント・ダイ
Credit : Abbot Genser / Focus Features © 2019 Image Eleven Productions, Inc.

ジャームッシュ監督からのラブコールを受けて、テーマソング『The Dead Don’t Die』を書き下ろしたのは、グラミー賞受賞のカントリー歌手であるスタージル・シンプソン。2019年秋、アニメと音楽が融合したヴィジュアルアルバム『スタージル・シンプソン: SOUND & FURY』をNetflixにて発表ししたことも話題を呼んだ。本編には、ギターを引きずる「ギター・ゾンビ」としてカメオ出演している。

ちなみに、本作『デッド・ドント・ダイ』のサウンドトラックを手がけたのは、他ならぬジム・ジャームッシュ監督率いるバンド「SQÜRL」。音楽からミュージシャンの登場まで、じっくり楽しんでほしい。

『デッド・ドント・ダイ』

デッド・ドント・ダイ
Credit : Abbot Genser / Focus Features © 2019 Image Eleven Productions, Inc.

物語の舞台はアメリカの田舎町センターヴィル。たった3人だけの警察署で働くロバートソン署長とピーターソン巡査は、ダイナーでの変死事件を皮切りに思わぬ事態に巻き込まれていく。墓場から死者たちが次々と蘇り、町に溢れはじめたのだ。どうやら、彼らは生前の活動に引き寄せられているよう。救世主のごとく現れた葬儀屋ゼルダとともに、増殖しつづけるゾンビたちに立ち向かうが、最後に待っているのは希望か、それとも絶望か……。

主演は『ゴーストバスターズ』『ゾンビランド』などでホラーコメディは十八番、ジャームッシュ監督とは3度目のタッグとなる名優ビル・マーレイと、『スター・ウォーズ』シリーズや『マリッジ・ストーリー』(2019)のアダム・ドライバー。監督の前作『パターソン』に続いての再タッグとなる。共演者にはティルダ・スウィントン、クロエ・セヴィニー、スティーヴ・ブシェミ、トム・ウェイツら“ジャームッシュ常連組”から、セレーナ・ゴメス、ダニー・グローヴァー、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズほか豪華キャストが集結。ロックミュージシャンのイギー・ポップ、公私ともに長年のパートナーであるサラ・ドライバーなど、監督とゆかりの深いメンバーも加わった。

映画『デッド・ドント・ダイ』は2020年6月5日(金)全国公開

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly