Menu
(0)

Search

ウルヴァリン最終作『ローガン』にデッドプールが登場とのウワサ→監督&俳優陣が即否定する騒動に

映画『X-MEN』シリーズの一番の功労者、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じる最後の作品『ローガン』は、これまでの作品群とはおおよそ異なる質感と、R指定もいとわない過激な描写が盛り込まれた映画になりそうだ。The Wrap誌は、そんな過激なヒーロー映画である『ローガン』に、同じく過激なヒーロー代表のデッドプールが登場すると報じた。

もっともこの情報は、発表されてすぐ、『ローガン』のジェームズ・マンゴールド監督やヒュー・ジャックマン、そしてデッドプールを演じてきたライアン・レイノルズによって超高速でバッサリ否定されてしまったのだが……。

デッドプール、ウルヴァリンと再共演ならず

The Wrap誌は、『ローガン』に近しい人物から、ライアン・レイノルズが『ローガン』出演のため、『デッドプール2』の新監督であるデヴィッド・リーチとの撮影を終えたという情報を入手していた。いわく、レイノルズの出演シーンは、『ローガン』のポスト・クレジットシーンとして使用されるものだったというが……。

この手の報道は、話題作にまつわる“噂”としてはさほど珍しいものではない。しかし今回のケースが普段と少し異なるのは、この報道に気づいたジェームズ・マンゴールド監督がその内容を即座に否定したことだ。

「みんな混乱してるね。The Wrapはウソのニュースを流してるんだ。落ち着いて」

“デッドプールは、僕の映画には、出てこない”。こう書いたら確かかな?」

また時を同じくして、デッドプールを演じるレイノルズも報道を否定していた。

「悲しいことに真実じゃない。囚人番号24601は単独行動だよ」

レイノルズのいう「囚人番号24601」とは、『レ・ミゼラブル』(2012年)でヒュー・ジャックマンが演じたジャン・バルジャンを指すものだ。マンゴールド監督がレイノルズの投稿に感謝を表明したところ、ヒュー・ジャックマンまでもが、ふたりの投稿を引き合いに出して「そうらしいよ」とコメントする事態となっている。

逃げるWrap誌、追う監督

もちろん、ここまで全力で否定されては、The Wrap誌も姿勢を変えざるを得なかった。しかしあろうことか、同誌は当初の記事をほとんど書き換え、「『ローガン』にデッドプールが登場するという情報は否定された」という記事に仕立て直してしまったのである。当然、マンゴールド監督はこれに激怒している。

「はじめにThe Wrapがウソを報じた。次に彼らは、僕が否定したことをまったく新しい記事として報じている。元々のウソを削除することをみんなはどう思う?

以前、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』に関するガセ情報をジェームズ・ガン監督が真っ向から否定したことがあった(その折には筆者もガセ情報に騙されてしまった)。しかし話題作に関する噂は、その真偽にかかわらず、ファンにとってはひとつの楽しみになりうる。「どんな映画なのか?」「あの噂は本当なのか?」などと推測したり、映画を観てその真実を確かめたりすることは、作品を楽しむ体験を、“ただ観る”以上に豊かなものとしてくれるだろう。

しかし当然ながら、そうした噂は作り手にとって不快なこともあろうし、またSNSを通じて報道にコメントを発信できる以上、今回のような反応はいたって自然なものだ。それにネットでガセ情報が拡散されるのは、もちろん良いこととはいえない。今回の騒動は、噂をめぐる作り手とメディア、ファンの関係が、かつてよりも随分難しくなっていることを示しているのではないだろうか。

ともあれ『ローガン』にデッドプールは登場しない、今回確かになったのはそれだけだ。実現していれば『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』に次ぐ“再戦”となっただけに、残念は残念だが……。

映画『ローガン(原題)』は2017年6月に日本公開予定

sources: http://comicbook.com/2016/12/28/deadpool-rumored-to-appear-in-wolverine-3-logan/
http://www.thewrap.com/ryan-reynolds-deadpool-logan/
http://www.newsarama.com/32543-jackman-reynolds-logan-director-quickly-speak-out-against-deadpool-reports.html
Eyecatch Image: http://nerdplanet.it/logan-nuove-immagini-dal-film-ci-svelano-dettagli-sui-villain/
http://www.huffingtonpost.com/entry/petition-deadpool-host-snl_us_56c72283e4b0ec6725e23e7f (remixed by THE RIVER)
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation;
© 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation;

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly