ライアン・レイノルズ『デッドプール』のため20世紀フォックスと戦っていた!『ウルヴァリン』には「今でも怒ってる」監督降板にもコメント

映画『デッドプール』のプロデューサー兼主演俳優であるライアン・レイノルズが、『デッドプール』の映画化までに、製作会社の20世紀フォックスと激闘を繰り広げていたことを明らかにした。彼はデッドプールが映画に初登場した『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』(2009年)や、もうひとつのヒーロー映画主演作『グリーン・ランタン』(2011年)の裏話を赤裸々に語っている。

『ウルヴァリン』での初登場、失敗だとわかっていた

レイノルズが『デッドプール』の映画化に費やした時間は11年。単独映画が今年(2016年)封切られたことを考えると、その始まりは2005年だ。初めてレイノルズのもとにデッドプールを演じる機会がめぐってきたのは、2007年の『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』企画段階だったという。

しかし『ウルヴァリン』で登場したデッドプールは、いまや語り草ともなっているほどの残念な姿だ。冗舌な傭兵……のはずが口は封じられ、赤いスーツではなく裸の上半身にはタトゥーが入り、刀は腕に埋め込まれてしまっていたのである。

http://screenrant.com/deadpool-x-men-origins-wolverine-connection/

http://screenrant.com/deadpool-x-men-origins-wolverine-connection/

レイノルズは『ウルヴァリン』のデッドプールに対して強い悔恨の念を表明している。

「『ウルヴァリン』で僕のセリフは僕自身が書いた。脚本には“デッドプール登場。すごく速く喋って、ジョークをたくさん言う”とあったんだよ。製作が始まった時点では『デッドプール』のウェイド・ウィルソンに近かった――ほとんど彼と同じだったな。でも、それがコミックにも理屈にも合わない醜い姿になってしまった。(中略)実際には、僕は映画のごく一部分でしか彼を演じてない。おいしい所は優秀なスタントマンが全部持っていったんだ。当時は“これはデッドプールを演じるチャンスだ。ただしこの格好がイヤなら、デッドプールは別の俳優に演じてもらう”って言われたな」

しかし『ウルヴァリン』の本編映像がネットに流れると、デッドプールの初登場を待っていた多くのファンは失望激怒した。これに20世紀フォックスは焦ったのか、当時メキシコにいたレイノルズに急遽連絡が入ったという。

「“今すぐ飛行機に乗ってくれ。映画の一番最後を撮り直さないと”って言うんだ。バカげてると思ったよ、“言っただろ”って感じだ。僕は今でも怒ってる、だってこう言ったことを覚えてるのさ。“いいですか、デッドプールのファンは皆さんが思ってるよりもずっと多いんですよ。彼らがこれでハッピーになるはずがない”って。(その時は)もっともらしい理由を聞かされたね。“ちゃんとしたデッドプールのスーツを作って、コミックを完全に再現する時間がない。だからこれで行く”。僕は“じゃあ映画に出すな”って思ってた」

『グリーン・ランタン』か『デッドプール』か、フォックスとの交渉

それでもレイノルズは『デッドプール』の正しい映画化を諦めてはいなかった。次なる行動のきっかけは、彼のもとにワーナー・ブラザースから『グリーン・ランタン』の出演オファーが届いたことだ。オファーを引き受ける前に、レイノルズは20世紀フォックスの幹部に手紙を送ったという。

皆さんに『デッドプール』を作る気がないのなら、僕は『グリーン・ランタン』に出るつもりです。僕は今、まさに「出演する」と誓おうとしています。でも僕は、みなさんに「残された時間を君と過ごしたい」と言ってほしい。なぜなら僕は、自分に残された時間を皆さんと過ごしたいからです。

しかし、この手紙に対して、20世紀フォックスは「残念ながらその映画にゴーサインは出せない。出ることは絶対にないと思う」という返事をよこしたという。それを理由にレイノルズは『グリーン・ランタン』への出演を決めたようだ。

駄作ではない!?『失敗作』扱いされる2011年映画『グリーン・ランタン』を全力で再評価する

ライアン・レイノルズ、またしても苦境

紆余曲折を経て完成した映画『デッドプール』は世界中で大ヒットしたが、その続編『デッドプール2(仮題)』でレイノルズは再び苦境に立たされている。前作を監督したティム・ミラーと、音楽担当のジャンキーXLが相次いで降板したのだ。レイノルズはミラーの降板について、言葉少なにこう述べている。

「僕に補足できることは、彼(ティム・ミラー)が映画を去って悲しいということだけだよ。ティムはとても優秀だし、『デッドプール』で彼よりも懸命に働いた人間はいなかった

降板の理由は「創作上の相違」だと報じられており、レイノルズも具体的な理由までは言及していない。しかしその一方で、彼は1作目の製作を振り返ってこうも述べている。

「ミラーの隣でデッドプールのVFXはこうあるべき”なんてことは言わなかったよ。彼はVFXの天才だからね。ただし、僕のほうがキャラクターや(作品の)トーンについてよく知っていることはある」

映画『デッドプール2』は、一部では2018年3月公開と報じられている。しかし撮影の延期は避けられない状況とみられ、今後のスケジュールに変動が生じる可能性も高そうだ。レイノルズの健闘、そして前作をしのぐ第2作が完成することを祈りたい

『デッドプール2』やむなく撮影延期へ…前作の音楽家ジャンキーXLも降板

source: http://www.gq.com/story/how-ryan-reynolds-made-deadpool-happen
Eyecatch Image: http://www.theverge.com/2014/7/31/5953069/deadpool-film-pg-13

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。