『デッドプール2』やむなく撮影延期へ…前作の音楽家ジャンキーXLも降板

『デッドプール2(原題)』の撮影延期がとうとう決まったようだ。以前は2017年初旬にも撮影が開始されると報じられていたが、前作を手がけたティム・ミラー監督が降板したことで、全体のスケジュールに大きな変動が生じたとみられる。

『デッドプール』ティム・ミラー監督、続編を降板!理由はケーブル役のキャスティングか

カナダ・バンクーバーにおける映画・ドラマの撮影予定を公開するサイト「What’s filming?」は、先日『デッドプール2』の撮影が2017年1月にスタートすると報じていた(現在は「撮影は2月に延期」と表記)。この情報を受け、ファンは新たな監督の決定も近いのではないかと推測したのである。しかし映画情報サイト・コライダーによれば、これらの情報はすべて誤りのようだ。

コライダーの入手した情報によると、ティム・ミラー監督は『デッドプール2』を2017年3月から撮影しようと計画していたらしい。しかしミラー監督が降板した時点では、キャスティングのみが進行していたにすぎず、脚本や美術、衣裳などは決定していなかったという。現在未定の部分は新たな監督のもとで作業が再開されるとみられるため、撮影が2017年3月以降にずれ込むのはやむを得ない状況だ。

なお『デッドプール2』の新監督候補には、『ジョン・ウィック』のデヴィッド・リーチや、Netflixドラマ『デアデビル』のドリュー・ゴダード、ドラマ『バンシー』『ルーク・ケイジ』などのマグナス・マーチンらの名前が挙がっているという。

『デッドプール2』ティム・ミラー監督の後任は『ジョン・ウィック』の仕掛け人?降板理由に新説も浮上

前作の音楽担当、ジャンキーXLも降板へ

また、『デッドプール』で音楽を担当したジャンキーXL(トム・ホーケンバーグ)は、続編のプロジェクトから離脱したことを自身のFacebookで報告した。ホーケンバーグは「(前作の)音楽を作曲したのは個人的にもプロとしてもすごく大きなことだった」と述べつつも、ティム・ミラー監督が離脱した『デッドプール2』には「納得できない」とコメントしている。

『デッドプール』においてジャンキーXLによる音楽は大きな魅力だっただけに、続編で彼の音楽が聴けないのは寂しいところだ。ティム・ミラー監督につづき、『デッドプール2』は2人目のキーパーソンを失ってしまったことになる。なんとか良い形での立て直しを図ってほしいところだ。

sources: http://comicbook.com/2016/11/06/deadpool-2-to-reportedly-start-filming-early-next-year/
http://collider.com/deadpool-2-filming-january/
https://www.facebook.com/junkiexl/posts/10154602794761668:0

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。