Menu
(0)

Search

『デッドプール2』ティム・ミラー監督の後任は『ジョン・ウィック』の仕掛け人?降板理由に新説も浮上

映画デッドプール2(仮題)』の監督降板騒動について、新しい情報が入ってきた。

米メディアMashableが入手した情報によると、20世紀フォックス社は、降板したティム・ミラーの後任者として、キアヌ・リーブス主演ジョン・ウィック』のデヴィッド・リーチ監督を有力視しているという。先日は“『デッドプール2』をタランティーノに撮らせたい”という署名運動が話題となった(記事)が、もしやフォックス社は急ピッチで交代劇を進めようとしているのだろうか?

『ジョン・ウィック』監督コンビ。左がデヴィッド・リーチ。 http://mashable.com/2016/10/28/deadpool-2-david-leitch-director-john-wick-frontrunner/
『ジョン・ウィック』監督コンビ。左がデヴィッド・リーチ。

http://mashable.com/2016/10/28/deadpool-2-david-leitch-director-john-wick-frontrunner/

『デッドプール2』新監督の有力候補は異色の経歴

『ジョン・ウィック』をチャド・スタエルスキー監督とともに手がけたデヴィッド・リーチは、元々スタントマン・スタントコーディネーターとして活躍していた人物だ。彼にとって『ジョン・ウィック』は初めての監督作品だった。

映画データベースIMDBを確認すると、リーチがスタントを担当した作品の数は、映画・テレビを合わせて実に83作品。『ファイト・クラブ』でブラッド・ピットの代役を務めたほか、『マトリックス・リローデッド』や『300』、マーベル作品では『ブレイド』『デアデビル』などに参加した。スタントに関わらない場合でも、『ジュラシック・ワールド』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』などでセカンド・ユニットの監督を務めた経歴の持ち主だ。

またリーチは、デッドプールが映画に初登場した『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』でアクション・コーディネーターを務めている。『ジョン・ウィック』の高評価や“アクション職人”としての功績、マーベルや20世紀フォックス社への貢献度のほか、ライアン・レイノルズ扮するデッドプールを現場で知っていることが有利に働いている可能性もありそうだ。

『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』のデッドプール(左)。デッドプール? http://screenrant.com/deadpool-x-men-origins-wolverine-connection/
『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』のデッドプール(左)。デッドプール?

http://screenrant.com/deadpool-x-men-origins-wolverine-connection/

もっともリーチ本人は、シャーリーズ・セロン主演のスパイ・スリラー『コールデスト・シティ(原題)』を手がけているほか、クリス・プラット主演のアクション映画『カウボーイ・ニンジャ・バイキング(原題)でも監督を務める予定だ。すでに『ジョン・ウィック2』からは離脱している多忙さだけに、今回の情報が正しかったとしても、『デッドプール2』を撮ることが叶うかどうかは未知数である。

ティム・ミラー監督、降板理由に新説が浮上

一方、『デッドプール2』でもメガホンを取る予定だったティム・ミラーの降板理由にも新たな噂がささやかれている。降板が報じられてすぐは、ライアン・レイノルズが創作的なコントロールを要求しすぎたやら、ケーブル役のキャスティングで意見が一致しなかったやらと言われていたが、今回の噂では状況がやや異なるようだ。

The Wrapによると、レイノルズや脚本のレット・リース&ポール・ワーニックが『デッドプール2』を前作同様の低予算映画にしようと考えていたという。しかしミラーは、前作の製作費(約5,800万ドル)の3倍の予算でスタイリッシュなヒーロー映画を撮りたがったというのだ。情報源の人物は「まるで違う映画が2つあった。そして片方は『デッドプール』じゃなかった」と述べている。

降板騒動の真相を突き止めることはできないだろうが、第一報から数日であらゆる噂が出回るところに『デッドプール2』の話題性と期待値が感じられる。続報の到着を待ちたい。

sources: http://mashable.com/2016/10/28/deadpool-2-david-leitch-director-john-wick-frontrunner/
http://www.thewrap.com/inside-the-deadpool-2-fight-over-two-totally-different-movies/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly