『デッドプール』ティム・ミラー監督、続編降板についてコメント。一連の噂を否定

映画『デッドプール2(仮題)』を降板した、前作の監督ティム・ミラーが、今回の降板劇について初めてコメントした。ミラーの降板理由について、ネット上では「ケーブル役のキャスティングで揉めたから」「ミラーが3倍の予算でスタイリッシュな映画を撮りたがったから」などの噂が流れていたが、ミラーは一連の噂をはっきりと否定している。

『デッドプール』ティム・ミラー監督、続編を降板!理由はケーブル役のキャスティングか

噂を否定、降板の真相は藪の中

ミラー監督は、インタビューで『デッドプール2』を前作と同じように作るつもりだったと明言している。

「僕がオタクの観客たちにひとつだけ言いたいのは――なぜなら世界中のオタクが考えることはとても重要だからだ、彼らは僕の兄弟姉妹だからね――、3倍の予算で型にはまった(stylized)映画なんて撮りたくなかったってことだよ。もしインターネットを読んでるなら、誰が気にしてるんだって感じだけど、僕は前作と同じ種類の映画を作りたかった。それがキャラクターのためにも良い映画だと思うからね。だからネットで読んだことは信じないでくれよ」

一説には、ミラー監督が『デッドプール2』のケーブル役にカイル・チャンドラーを推したといわれていた。しかしミラーは「チャンドラーはケーブルを演じないだろうね」と話して、同様に噂を一蹴している。

ではミラー監督は、なぜ『デッドプール2』から降板したのだろうか? そもそもミラー監督は、前作『デッドプール』の製作を振り返って「満足している」とすら話しているのだ。

「『デッドプール』の製作には満足してるよ。(中略)ポストプロダクション(撮影終了後の作業)では口論もあったけど、いつも以上のことはなかった。チームは素晴らしかったしね。みんなが再び戻ってきて、難しい映画のアイデアとともに、良い時間を過ごすはずだったんだ。そうはならなかったけど。前作には満足してるよ、人生最高の経験だった」

『デッドプール2』やむなく撮影延期へ…前作の音楽家ジャンキーXLも降板

続編へのエール

すでにミラー監督は、『デッドプール』と同じ20世紀フォックス製作のスリラー『インフラックス(原題)』の製作に取りかかっている。『デッドプール2』の新監督には、『ジョン・ウィック』を手がけたデヴィッド・リーチ監督が決定した。ミラーは、続編の製作チームに対してエールを送っている。

「ただ良いことだけを祈ってるよ。素晴らしい映画になることが僕の願いだ。僕は(『デッドプール』の)キャラクターが大好きで、素晴らしいと思ってるし、出演者もみんな大好きさ。彼らが再び成功するのを見たいんだよ。(新監督の)デヴィッドには会ったことがないけど、聞いた話によると素晴らしい男だね。キャラクターのベストを願ってる。20世紀フォックスにしても同じさ。彼らは金を儲けるにふさわしいよ、もっと儲ける必要があるしね(笑)。彼らはスゴい。すばらしいよ」

ミラー監督が『デッドプール2』を降板したことを踏まえてみると、フォックス社へのコメントがどこか気になるようにも思われるが……彼自身が『インフラックス』で同社との仕事を継続しているあたり、両者の関係は順調とみていいだろう。やはり降板劇の真相は藪の中、ということらしい。

いずれにせよ、『デッドプール2』とティム・ミラー監督の新作『インフラックス』、ともに今後注目の映画である。THE RIVERではどちらも注意して追いかけていきたい。

ライアン・レイノルズ『デッドプール』のため20世紀フォックスと戦っていた!『ウルヴァリン』には「今でも怒ってる」監督降板にもコメント

source: http://collider.com/deadpool-2-director-tim-miller-cable-comments/
Eyecatch Image: https://www.flickreel.com/tim-miller-drops-deadpool-for-sonic-movie/

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。