Menu
(0)

Search

『オリエント急行殺人事件』続編どうなる、『ナイル殺人事件』先取りガイド

ナイル殺人事件 「2021年公開」表記
(C)2020 20th Century Studios. All Rights Reserved.

アガサ・クリスティーの傑作ミステリー小説を映画化したオリエント急行殺人事件(2017)は、ケネス・ブラナー演じる名探偵エルキュール・ポアロにとって“初めての事件”だ。これまで多くの俳優が演じてきたポアロだが、ブラナーは次なる事件に向けて突き進んでいくことになる。

『オリエント急行殺人事件』の“続編”として公開を控えているのが、もちろんアガサ・クリスティーによる同名小説を原作とするナイル殺人事件だ(原作の邦訳版は『ナイルに死す』早川書房刊)。本作には再び豪華キャストが集結し、世界の美しい風景をバックに恐るべき殺人事件の幕が開く。『オリエント急行殺人事件』をじっくりと楽しんだら、次の難事件を楽しみに待つことにしよう。

『ナイル殺人事件』

今作でポアロが難事件に挑む舞台は、エジプトの神秘ナイル川をめぐる豪華客船。エジプトの名所・アブシンベル神殿やナイル川の美しき絶景を望む船で、なぜ殺人事件が起こったのか。“完全なる密室”で殺されたのは、美しき大富豪の娘。あろうことか容疑者たちは、彼女の結婚を祝うために集まった乗客全員だった。

“灰色の脳細胞”を働かせ、ポアロは事件の真相へ迫っていく。人を愛しすぎたがゆえの、激しい嫉妬と欲望が絡み合う禁断の謎は、多くの難事件を解決してきたポアロの人生をも大きく変えることになるのだった。「密室殺人」「登場人物全員容疑者」そして「予想だにしないトリック」。ミステリーの醍醐味が揃った『ナイル殺人事件』は、殺人事件の謎だけでなく、人間の“心の謎”にも迫る一作。極上のミステリー・クルーズが始まる。

出演者にはポアロ役のケネス・ブラナーをはじめ、美しき大富豪の娘リネット役に『ワンダーウーマン』(2017)のガル・ガドット。リネットの夫サイモンには『君の名前で僕を呼んで』(2017)のアーミー・ハマー。リネットの親友であり、サイモンの元婚約者ジャクリーンには「セックス・エデュケーション」(2019-)の注目女優エマ・マッキー。さらに『ブラックパンサー』(2018)のレティーシャ・ライト、『キャプテン・マーベル』(2019)ほかアカデミー賞常連のアネット・ベニングなど、若手から実力派まで豪華キャストが船上に会した。

ナイル殺人事件
(c)2020 20th Century Studios. All rights reserved

ケネス・ブラナー、前作当時からの願い叶う

『オリエント急行殺人事件』でポアロを演じ、監督を務めたケネス・ブラナーは、公開当時から『ナイル殺人事件』の実現を願っていた人物だ。2017年11月、米CinemaBlendにて、ブラナーは『オリエント急行殺人事件』について「脚本家のマイケル・グリーンは、ポアロがいつまでも休みをもらえないような話にしたがっていた」と明かしている。「まずはイスタンブール、それからオリエント急行、最後にはエジプトへ。『ナイル殺人事件』をやれたらいいですね」

実際のところ、『オリエント急行殺人事件』のラストシーンでは、ポアロとイギリスの軍人と思しき男が言葉を交わすのだ。軍人はポアロを探しており、「彼をエジプトに連れていかなきゃいけない。殺人事件があったんだ」と言う。自分がポアロ本人であることを隠しながら、探偵であることを認め、軍人に同行することを認めるのだ。このセリフの影響だろう、公開後には原作小説『ナイルに死す』の売れ行きが急上昇したという逸話もある。

ブラナーは『ナイルに死す』について、原作者アガサ・クリスティーの「心が痛むような恋愛体験」が色濃く反映されていること、「危険な愛に身を投じた経験のある人」「時に相手を傷つけてしまうほど、愛に固執してしまう人」を描いた物語であることを強調している。「ポアロが言うように、愛情とは決して安全なものではありません。その要素は映画版にも確実に取り入れられています」。いわく本作は、「非常にダークで、セクシーで、心をかき乱されるような映画」。壮大な観光映画でありながら、「愛情、独占欲、欲望、嫉妬、本質的な感情」を描くシリアスなストーリーに仕上がっているということだ。

Source: Cinema Blend(1, 2

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly