Menu
(0)

Search

ハリウッド実写版『Death Note/デスノート』続編の企画が進行中 ― 新脚本家が就任へ

Death Note/デスノート
James Dittiger/Netflix

2017年夏、Netflixにて配信され賛否両論、大きな物議を醸した、ハリウッド実写版映画『Death Note/デスノート』の続編企画が始動しているという。米The Hollywood Reporterが報じている。

Death Note/デスノート
Netflix

原作・大場つぐみ、作画・小畑健による日本のコミック『DEATH NOTE』(集英社刊)をハリウッドが初めて実写化した前作は、『サプライズ』(2011)や『ザ・ゲスト』(2014)を手がけたホラー&スリラーの俊英アダム・ウィンガードが監督を務め、『きっと、星のせいじゃない。』(2014)のナット・ウルフ、『ストレイト・アウタ・コンプトン』(2015)や『ゲット・アウト』(2017)のキース・スタンフィールドら注目の若手俳優が顔を揃えた。死神リュークの声優を名悪役俳優ウィレム・デフォーが務めて映画ファンの話題を呼んだのも記憶に新しい。

The Hollywood Reporterによれば、Netflixのコンテンツ最高責任者であるテッド・サランドス氏は『Death Note/デスノート』をかなりの成功作だと捉えているようだ。キャスティングや脚本・演出などで物議こそ醸したものの、ビジネス面では経営陣の期待に応えた作品だったということだろう。

Death Note/デスノート
James Dittiger/Netflix

また同紙によると、続編は脚本家チームを一新する模様。企画進行中の『バイオハザード』リブート版や、同じくリブート版となる『モータルコンバット』の脚本を執筆しているグレッグ・ルッソが作業にあたっているという。なお前作を手がけたアダム・ウィンガード監督の再登板については不明。しかし、現在アダム監督は『ゴジラ vs キングコング(邦題未定、原題:Godzilla vs. Kong)』の準備中。同作から当面手が離せないとみられるため、仮にアダム監督が続投する場合、続編の製作は当面先になると思われる。

波乱のデビュー戦を越えて、ハリウッド実写版『Death Note/デスノート』はどんな展開を見せるのか…。いずれにせよ注目の続編になることは間違いないだろう。

映画『Death Note/デスノート』はNetflixにて全世界独占配信中

Source: THR

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly