【帝国激震】『ローグ・ワン』デス・スターの設計図が雑誌の表紙にされてしまう事案が発生

映画ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の劇場公開まで1ヶ月を切り、各種メディアでのプロモーションが加速している今日この頃、なんとデス・スターの設計図を表紙に載っけてしまう雑誌が登場した。

帝国軍が何としても守り抜こうとしたデス・スターの設計図を、よりによって表紙にしてしまうとは不届き千万、というか命知らずにもほどがあるというものだが、その雑誌の名前はエンパイア(帝国)。だから許されたのか……。

http://www.empireonline.com/movies/rogue-one-star-wars-story/empire-rogue-one-death-star-subscriber-cover-revealed/

http://www.empireonline.com/movies/rogue-one-star-wars-story/empire-rogue-one-death-star-subscriber-cover-revealed/

さておき、エンパイア誌はもちろん帝国軍の広報誌にあらず、イギリスで刊行されている映画雑誌である。このデス・スター設計図をあしらった表紙は2017年1月号だ。クールなデザインをなんとか手元に置いておきたいものだが、こちらは定期購読者限定の表紙とのこと。やはり設計図を直接手にすることができるのは帝国内部の人間だけということか? ちなみにエンパイア誌は購読契約すると日本にも配送してくれる(公式サイト)。

なおエンパイア誌2017年1月号は『ローグ・ワン』特集で、ギャレス・エドワーズ監督やフェリシティ・ジョーンズ、フォレスト・ウィテカー、リズ・アーメッドのインタビューも掲載されるという。表紙はデス・スター設計図ではないものの、通常版はAmazonや書店でも購入できるので、気になる方はぜひチェックしてほしい(日本で購入できるのは11月末から12月上旬になると思われる)。

source: http://www.empireonline.com/movies/rogue-one-star-wars-story/empire-rogue-one-death-star-subscriber-cover-revealed/

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。