『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』監督がメイキング写真を投稿→即削除!「重要なネタバレでは」と推測の嵐

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のアンソニー&ジョー・ルッソ監督らは、現在、撮影場所を検討するロケハン作業を進めている。しかし先日、監督がその様子を撮った写真をSNSに投稿、その後なぜか即削除していたことがわかった。すでにネットでは「重大なネタバレが含まれていたのではないか?」と話題になっている。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』準備着々!スタッフ陣はロケハン中、サノス役のリハーサルも

ルッソ監督が投稿即削除した写真は、残念ながらファンが閲覧即保存してしまったため、現在もネット上の各所で見ることができる。こちらが問題の写真である。

https://www.comicbookmovie.com/avengers/avengers_infinity_war/why-did-the-avengers-infinity-war-directors-share-a146821

https://www.comicbookmovie.com/avengers/avengers_infinity_war/why-did-the-avengers-infinity-war-directors-share-a146821

この写真のどこにネタバレが?

ロケハン写真としては何の変哲もないのに、削除したばかりに邪推されるという裏目の展開となったこの一枚だが、いったいどこに「重大なネタバレ」が含まれているのだろうか? そこでファンの予想を確認してみたところ、アスガルドのどこかではないか、サノスに関係する場所ではないか、というものが主流だった。

しかし写真の場所がアスガルドやサノスに関係する場所の候補だとしても、それがバレてしまうことに問題はないはずだ。なぜなら、ソーが登場するならアスガルドのシーンがあっても不思議ではないし、サノスがヴィランとして登場するのもファンの間では周知の事実だからである。現にルッソ監督は、サノス役のジョシュ・ブローリンがリハーサルしている様子を投稿しており、そちらは削除していない。

【噂】映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のあらすじが判明?帝王サノスのラブストーリーか

ひとつの可能性→ドクター・ドゥーム

そこで一部のファンは、写真の場所がドクター・ドゥームに関係しているのではないかと予想している。『インフィニティ・ウォー』はコミック『インフィニティ・ガントレット』をベースとした物語になるといわれているため、『インフィニティ・ガントレット』で重要な役割を担うドクター・ドゥームが本作にも登場するのではないか、写真の場所はドクター・ドゥームが君主を務める小国ラトヴェリアではないか、というのだ。

ラトヴェリア http://comicvine.gamespot.com/images/1300-4183664

ラトヴェリア

http://comicvine.gamespot.com/images/1300-4183664

しかしドクター・ドゥームが『インフィニティ・ウォー』に登場するには、ある大人の事情を乗り越えなければならない。ドクター・ドゥームは元来「ファンタスティック・フォー」のヴィランであり、その映像化権はマーベル・スタジオではなく20世紀フォックス社が保有しているのだ。したがって、普通に考えれば『インフィニティ・ウォー』に登場することはできない。ちなみに先日、『デッドプール』と『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.2』でキャラクターの交換が行われたことが報じられた(記事)が、そちらは超イレギュラーな出来事だと思ったほうがいいだろう。

ドクター・ドゥーム ファンタスティック・フォー最大の宿敵も人の子だった?

ルッソ監督が写真を削除した意味とは? 写真には本当にネタバレが含まれているのか? そしてドクター・ドゥームは『インフィニティ・ウォー』に登場するのか? すべてはまだまだ不明だが、ルッソ監督が投稿した写真はロケハンの様子ゆえ、写真の場所が本編に登場するとも限らない

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年5月4日全米公開予定

sources: http://www.cinemablend.com/news/1585890/the-avengers-directors-just-shared-then-deleted-a-mysterious-behind-the-scenes-image
https://www.comicbookmovie.com/avengers/avengers_infinity_war/why-did-the-avengers-infinity-war-directors-share-a146821

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。